平家一本桜【みやま市】平家ゆかりの地を見守る樹齢250年の大樹

みやま市山川町の小高い山にひときわ目立つ1本の大樹。樹齢250年、高さ18m、幹回り2.8メートルもあるそのヤマザクラは「平家一本桜」と呼ばれています。

 

平安時代末期の内乱、治承・寿永の乱(源平合戦)において敗北した平家の残党が隠れ住んだという伝説のある土地を「平家谷」と呼び、みやま市山川町もそのひとつです。

 

平家ゆかりの地を見守るようにそびえ立つ天保古山の「平家一本桜」は、全国で落命した平家一族の魂が乗り移った平家の神木として親しまれており、毎年春には多くの人を魅了しています。

スポンサーリンク

場所と駐車場

平家一本桜の場所を地図で見るとココ↓

国道443号線を山川方面へ向かい、以前ご紹介した「お座敷盆梅 梅花園」付近を通り越し、

約3㎞ほど進むと、「PinoHAIR」という美容院があるところの三差路に案内板がありますので、そこを左折します。

平家一本桜

そのまま所どころに設置されている案内板を目印に進んでいきます。

徐々に山道になっていき、細工が素晴らしい楼門のある甲田白山宮を過ぎると、

天保古山(てんぽこさん)が見えてきます。山頂にあるのが「平家一本桜」です。

そこからすぐの所に臨時駐車場(12台駐車可能)がありますので、車を停めて山頂まで歩いていきます。

ここからは、舗装されていない山道が約700mほど続くため、歩きやすい運動靴がおススメ。

 

ちなみに、山頂までの要所要所には案内板が設置されているため、迷うことなく向かえます。

歩くこと約15分、山頂に近づいてくると、平家一本桜が見えてきます!

平家一本桜とは

平家ゆかりの地、天保古山の山頂にそびえ立つヤマザクラ。
高さ18m、幹まわり2.8mで、樹齢250年(推定)というスケールの大きさです。
平家一門の神木として毎年花を咲かせ多くの人から親しまれています。
平成26年3月 みやま市商工観光課

初めての対面でしたが、その大きさに圧巻です!

木の陰に立つおじさまと比べると、その大きさは一目瞭然。

 

反対側から見た写真↓

山頂からみやま市内を眺めてみました↓

再起をはかる平家一門もこの景色を眺めたのでしょうか?

 

動画も撮影しましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

最後に

一度は源氏をほぼ全滅させ、強力な権力を持った平家が世を治めたものの、その後再び息を吹き返した源氏と平氏の戦い治承・寿永の乱(源平合戦)。での歴史的要所が、この筑後地区には数多く存在しております。

 

いつか、この地まで落ち延びた平家の歴史もまとめれたらなぁ~と思います。

 

平家ゆかりの地を見守る御神木「平家一本桜」、皆さんもぜひ見に行ってみませんか!

平家一本桜

【住所】
〒835-0114 福岡県みやま市山川町甲田1237-75
【見頃】
3月下旬~4月上旬
【お問合せ】
みやま市商工観光課
0944-63-1523
【臨時駐車場】
あり 12台 無料
 この記事の情報は2021年3月現在のものです。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事