「本吉山 清水寺」安産・縁結び・子授けのご利益がある、みやま市を代表するお寺

みやま市瀬高町本吉にある、天台宗の開祖伝教大師(最澄)によって開かれた開山1200年余りの古刹『本吉山 清水寺』

 

春は桜、初夏は新緑、秋は紅葉の名所であり、雪舟が作ったといわれる「清水寺本坊庭園」は、特に秋の紅葉が絶景とされています。

 

「本吉山 清水寺」のさまざまな史跡を巡ってきましたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

約2㎞の道のりを散策

本坊庭園駐車場に車を停めて、弥名庵⇒五百羅漢⇒仁王門⇒山門⇒本堂⇒三重塔⇒乳父観音⇒茶屋の順に、約2㎞ほど散策してみました。

弥名庵

最初に現れるのが清水寺の中腹にある「弥名庵」。千体仏を刻んだ観音堂です。

スポンサーリンク

五百羅漢

そのまま進んでいくと、林道沿いに現れる五百羅漢。その光景は圧巻です!以前は「首なし地蔵」でしたが、現在は、再び優しい顔がつけられています。

動画も撮ってますのでご覧ください。

お釈迦さまの弟子500人の「自覚」への道をこころざす修行僧の群像である。ここの羅鑑像は、文化、文政の頃より大正年間頃までに奉納されたもので、一体一体が違った表情の見事な首がついていたのであるが、昭和初年ころまでの数体を最後に、明治以降誰人の悪戯か全部首が落とされてしまった。五百種の表情の中にはかならず亡き人の面影がそこにあった。それ故になき親に会いたければ「羅漢さんにめーんなはれ」といわれたものである。今、その顔が見られないのが惜しまれてならない。永い間、首のない状態を見つゞけてきた里人たちは誰言うとなく『首なし地蔵』と呼ぶようになった。最近夢告(ゆめのおつげ)により誰人の行為か知らぬ間に首がついた。「羅漢」は阿羅漢の略称で修学すでに成り学ぶ可きものは何もないという意で「無学」とも呼ばれ、尊い人の称で後世には、自からの覚りのみを目標とし、他人を覚りの方向へ誘導することはしない修行者のみの呼称となった。(みやま市商工観光課)

その先へ進むと仁王門が現れます。

仁王門

寺院浄域の入口にある仏法を守護する役目を持つ「金剛力士」の像を安置した門で、延享3年(1746) 藩主藩民の寄進によって建立されたものである。
仁王像の高さは約二、四米あり、右の像は口を大きく開けて『阿』を表わしすべてのものゝ発生、根源を意味しさとりを求める心を示し、左の像は口を結んで『吽』を表わし、すべてのものゝ帰着を意味し、修行の結果としてのさとりを示すのである。
このことに関連して「阿吽の呼吸」という言葉がある。仁王像は大力を授けるということから身体強健を祈って大きな草鞋(わらじ)を奉納し、又その草鞋に触れると輿が強くなるといわれている。(みやま市商工観光課)

立派な仁王像がありましたが、渦暗くて写真に収めることができませんでした。ぜひ実際にその迫力を見てくださいね!

 

仁王門をくぐると清水寺参道と車道の別れ道が出て来ます。

写真は割愛させていただきましたが、参道の少し進むと右手に、谷川の向こうに「芭蕉翁(甍塚)」と彫られた碑があります。

 

江戸時代、俳句の聖といわれた松尾芭蕉を祀ったものです。

 

芭蕉は、九州の旅を望みながら、志を果たすことなく、元禄七年(1694) 大坂おいて五十一歳で病死しています。

 

この碑は、江戸時代末期、柳河藩の俳諧師、石田茂山(現在の大和町鷹ノ尾の人、文政十年(1829) 死去) とその門人達によって、建てられたものと伝えられています。

その先にある鳥居を潜り、道なりに進んで石段を登りきると現れるのが、県文化財指定建造物でもある「清水寺山門」です。

清水寺山門(楼門)福岡県指定文化財

どこを切り取って見ても素晴らしく圧巻でした!

 

270年ほど経過しても尚、その風格には目を見張るものがあります。

昭和36年4月18日県文化財指定
この山門は、木造入母屋二層造、階上、階下とも36.3平方メートル。造営当時は桧皮葺でありましたが、現在は銅版葺に替わっています。
延享2年(1745) 柳川初代藩主・立花宗茂公より第六代目の藩主・立花貞則公が願主となって、大城源右衛門を大棟梁とし建立させたものであります。
この山門は当時の柳川藩の建築技術水準の高さを示す威儀正しい建築といわれています。
階上には釈迦如来・文殊菩薩と、これを守護する持国・広目・増長・多聞の四天王の像が安置されています。( みやま市商工観光課)

楼門の先にある石段を登りきると現れるのが「清水寺本堂」です。

本吉山 清水寺

平安のはじめ、伝教大師最澄さまは、唐(中国)から日本へ帰られる途中、有明海の東方山中に美しくかがやく光を求めて、一羽の雉(きじ)の道案内でこの山にわけ登り、苔むしたねむの木の霊木を発見されました。
この上なくよろこばれた大師は、この木に地から生えたままの一丈六尺(約五米)の千手観音像をきざまれ、大同元年(西、806年)お堂を建て、観音さまをおまつりされました これが本堂です。
木の本できざまれた観音さまだから、この寺の山号を本吉山と称し、麓の部落を本吉と言います。
ちなみに玩具「きじ車」は、大師を道案内した由来にもとづき作られたものです。
昭和47年11月 柳川ロータリークラブ建立

年に一度、8月9日の早朝から深夜まで本尊千手観世音菩薩のご開帳「夜観音朝観音」の法要が行われています。

 

この日に参拝すると四万六千日お参りした功徳があると言われているため、たくさんの参拝客が訪れるそうです。

 

本堂がある敷地には、「阿弥陀堂」や

身体の痛むところを撫で、その手で仏さまを撫でると痛みが取れると古くから云われている「なで仏」などがあります。

 

写真はありませんが、たくさんの方に撫でられてなで仏さまがピッカピカでした!

 

社務所もありますのでお守りや御朱印などいただけます。

本堂の脇からさらに登って行くと県指定文化財建造物である「清水寺三重塔」が見えて来ます。

清水寺三重塔(福岡県指定文化財)

昭和30年3月5日 福岡県文化財指定
清水三重塔は本来寺院のシンボルで釈迦佛の遺骨を納めて礼拝する信仰の対象物であります。この塔は文政5年(1822) 柳川十代藩主・立花鑑賢公領内住民近国の信者の寄進により柳川大工宗吉平衛が大阪四天王寺の五重塔を手本に二千両をかけ十四年の歳月をついやして天保7年(1836) 完成したものであると伝えられます。
塔の高さは初層まで五・五米二層、三層はそれぞれ四・五米屋根に立つ相輪まで二十七米であります。天台宗密教の建築様式により設計されており創建以来百数拾年の風雪に堪えて来ましたが近年に至り白蟻の被害の為倒壊寸前にあった所、この間町をあげて復元奉賛会を組織し県内はもとより遠く東京、名古屋、関西方面の有志の寄進により欅、樟等四百石(110立方米)の木材が使用され芯柱、四天柱、側柱、床板等は古材を用いて原形をそのまま生かし補修のあとが目立たない様に工夫され昭和41年11月完成しました。( みやま市商工観光課)

春は桜、秋は紅葉で彩られる朱塗りの塔は清水寺のシンボルであり古代建築の九州最古随一のものです。

 

三重塔の正面には、「乳父観音(ちちぶかんのん)」があります。

乳父観音(ちちぶかんのん)

本吉山、清水寺の開祖 伝教大師(最澄)の弟子、円仁(慈覚大師)は、唐より帰朝の途次、霊夢により、師僧、伝教大師の足跡をたずね、世の子供達が健全に育つようにとの願いをこめて、観音像を彫刻し、嘉祥元年(848) 堂宇を建立し供養せられたと伝えられる。
爾来「乳父観音」と親しみ呼ばれ乳不足に或は乳の病気に悩める女親達の篤い信仰にまもられながら今日に至っている。
お堂に奉納されている母子の像や布地の乳房等は御願成就のしるしである。(みやま市商工観光課)

清水寺本坊庭園内にある「魔羅観音(子授観音)」にお参りして子宝を授かった後は、この乳父観音(ちちぶかんのん)にお参りするとお乳が良く出るようになると言われています。

 

「本吉山 清水寺」のそのものが安産、縁結び、子授けの観音様として信仰されています。

峠の茶屋 竹屋

三重塔を鑑賞後、お食事処「峠の茶屋 竹屋」で食事をしました。

竹屋は1階と2階があり、2階では雲仙岳・有明海・多良岳が一望できます。

メニュー
・竹うどん 600円
・竹うどん定食 1,050円
・白玉ぜんざい 550円
・あま酒 300円
・コーヒー 300円
・かき氷(抹茶・いちご) 300円

竹うどん定食(1,050円)

名物であろう女将さんが優しくお出迎え。竹の器に山菜や筍が入った、ほっとする美味しいうどんでした。ごちそうさまでした。

最後に

川のせせらぎや野鳥のさえずりを聞きながら、清水寺のさまざまな史跡を巡り、初夏の新緑を楽しむ「清水山の史跡を巡るみち」(18㎞)は、社団法人ウォーキング協会が国土交通省などの協力を得て選定した「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に選ばれています。

 

また、第1・2展望台がある「清水公園」は、約1900本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所となっています。

 

四季折々の豊かな自然を楽しめ、身も心も癒される清水山。そして、みやま市を代表する「本吉山 清水寺」。ご利益を求めて参拝してみては!

本吉山 清水寺の概要

【住所】
〒835-0003 みやま市瀬高町本吉1119-1
【TEL】
寺務所 0944-63-7625
【駐車場】
本坊前大駐車場 約150台(無料)
【公式ホームページ】
http://www.fukuoka-kiyomizudera.com/
 この記事の情報は2021年3月現在のものです。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事