先日ご紹介しました風浪宮の記事はご覧になられたでしょうか?見落とした方はこちら↓をご覧下さい。

 

風浪宮の西側には風浪宮外苑が広がっていています。その広さはなんと2万1千平方メートル。

 

外苑は大川公園へと整備され、数100本程の桜をはじめ、つつじ、紅葉などが四季を色どり市民に親しまれています。

さらに、境内社の磯良丸神社も鎮座し大川の歴史を語る上では大切な地となっております。

 

今回は、この風浪宮外苑大川公園磯良丸神社をレポートしたいと思います!

 

所在地は大川市忠見、風浪宮から西側にある公園です。

公園への入り口は、風浪宮東側と西側の花宗川方向からの2ヶ所あり、今回は西側の鳥居から進んでみたいと思います。

 

西側鳥居前には花宗川が流れており、旧暦4月1日には「沖詣り海神祭」が行われる神船御寄せ所があります。

この沖詣り海神祭を調べたところ、内容が凄くて説明したいのですがそこは割愛させて頂きます。

大川市役所がYouTube動画をUPされていて、沖詣り海神祭の内容が分かりやすいので是非ご覧下さい。

 

まずは西側にある鳥居から進んで行きます!

鳥居から風浪宮までの南道参道が260メートルあり、2月9日〜2月11日にかけて行われる風浪宮大祭(おふろうさんまつり)にて流鏑馬にはこの参道を使われています。

 

鳥居を抜けすぐに見えてくるのが、風浪宮下宮になります。

下宮の脇には「酒見貝塚」があり、およそ2千年前の弥生前期末から、この地に住んでいた人たちの塵捨場(ごみすてば)だった所です。

 

写真では分かりづらいですが、貝殻や牡蠣の殻が多数混じっていました。

下宮から北側に進んでいくと、数は少ないですが滑り台やブランコなどの遊具が点在していました。

写真にはありませんが、地元出身の作曲家古賀政男の曲碑や、戦時中活躍した烈士鐘崎三郎の銅像、戦争で亡くなった多くの御霊を慰める平和の塔や忠魂碑などなど建立されています。

その先を進んで行くと見えて来るのが、風浪宮しらさぎ幼稚園です。

そのしらさぎ幼稚園内に鎮座しているのが、境内社:磯良丸神社になります。奉拝したのは土曜日だったため、幼稚園はお休みで施錠されていました。

 

門の前をうろちょろして不審者みたいな私…意を決してインターホンを押したら、門の解錠を快くしてくれました^ ^

 

こちらが磯良丸神社の本殿になります。

磯良丸神社とは
磯良丸は、千珠満珠をもって神功皇后に従い船団の海上指揮をとった航海熟達の海士で、風浪宮初代神官としてこの地にとどまり、代々その後を襲ぎ現宮司を以って第六十七代を数える一系であります。磯良丸に仕えた船頭のうち七名も此地に生業を得て当時の船名(興賀丸、六郎丸、古賀丸、徳丸)を襲ぎ宮乙名と称して恒例の神事に奉仕します。磯良丸は海洋族の酋長として、当時大陸との交易により大陸文化を導入し日本の農業、工業基地全般の産業を興して日本開国の基を築き、ここ大川の地の木工産業発祥の守護神として信仰されております。
今日、船名に「××丸」と丸を附するのは磯良丸の丸に起因するとされています。尚、お社横の磯良塚は支石墓としては日本最大とされ首長級墓でもあります。

社殿隣には磯良塚があり、別名はたもと石と言われています。

直径約4メートルもある巨石は、神功皇后が三韓から帰還の折、袂に入れて持ち帰られた小石が、年を経るごとに大きくなったという伝説があります。

 

明治36年(1903年)にこの巨石の発掘調査を行なった所、出土した甕の中に人骨が埋葬されていて、恐ろしさのあまり甕を元に戻して土を被せたそうです。

 

その記録から、磯良塚は合わせた甕を埋葬してその上に巨石を置いた「支石墓(しせきぼ)」と考えられ、その墓の主こそ安雲磯良ではないかと推測されています。

その後には、大川市名木・古木百選に選ばれている御神木の大楠があります。遠目から見ても大楠の大きさが一目瞭然です。

風浪宮外苑大川公園だけでもかなりの情報量ですが、磯良神社や磯良塚も加わり凄く内容の濃い記事になったんではないかと思います。

 

「おふろうさん」と慕われている風浪宮、大川市民の憩いの大川公園、大川の木工産業の基礎となる安雲磯良、大川の郷土を語る上では欠かせない所です。

 

筑後いこいでは筑後市にある玉垂宮神社を調べるうちに、大善寺玉垂宮から風浪宮、そして磯良丸神社へと歴史を追う旅が続いてます。

 

神功皇后・武内宿禰・高良玉垂大菩薩・安雲磯良丸と重要人物が次々と出てきています。

 

これからも、歴史を学ぶ旅は続いて行きますので皆さんも筑後いこいを応援して下さいね!

 

今回は風浪宮外苑大川公園と磯良丸神社のご紹介でした。

大川公園と磯良丸神社

大川公園
〒831-0016 福岡県大川市大字酒見

磯良丸神社
〒831-0016 福岡県大川市大字酒見

 この記事の内容は2020年9月現在のものです。詳細は施設ホームページなどから最新情報をご確認ください。

 

関連記事
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事