【桜スポット】八女公園(八女市)の桜をご紹介

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、公園での大人数による宴会等の自粛となっております。

 

残念ではありますが、散歩がてらの桜の鑑賞や記事を見て癒される事もできますので、今後の花見などの参考までにとご紹介させていただきます。

 

今回は八女市本町にある「八女公園」です。

県道793号線(旧国道443号線)、おりなす八女入口交差点から曲がり八女で唐揚げと言えばこの店と言われてる「鳥藤」を通り過ぎ、おりなす八女の真向かいの公園になります。

 

八女公園は、前回紹介した岡山公園に負けない「花見スポット」なのです。

広場を囲うように並んで咲いた桜には心躍ります。

広場横には野外ステージがありイベント等に使われるスペースです。

その横には小高い丘があり、ふもとにはピンク色の枝垂れ桜が綺麗に咲いてます。

実は八女公園は遥か昔は福島城でした。

福島城の歴史

福島城は天正十五年(1587年)筑紫広門が築城されたと言われてます。
関が原の戦いで功を上げた田中吉政が筑後一国を与えられ柳河城を居城とした。
このとき福島城には城代として田中康政が三万石で入り、城が大改修されました。
今では福島城址の名残りを感じれる所は、一段小高い丘の櫓台跡と堀が残ってるだけです。

櫓台跡からの広場の眺め

堀の跡を使った水路

公園の奥には屋根付のあずまや(休憩所)やトイレもあります。

さらに奥には八女公園の唯一の遊具がありますのでご紹介します。

 

BEE Garden遊具
対象年齢 3歳〜

【注意点】
一ヶ所ループ上の下に降りる棒があるので、高さもあるので小さい子は注意する。
急勾配のロープ付階段があるので、そこから落ちないかを注意する。

 

遊具近くにはあずまや(休憩所)もあるのでそこで休みながら子供を見れるのでありがたいなぁーと感じました。

 

遊具所から図書館側へ行くと石で出来た本の眼鏡橋があります。

八女市本と豊福の村境の豊福川に架かってた一連アーチの石橋を平成30年2月に移設復元されたみたいです。

 

また、噴水スペースもあり座って眺める桜もいいですね。

八女の中央にある八女公園は八女の心のオアシスです。さらに八女の歴史を感じられる素敵な公園でした。

八女公園

【住所】
〒834-0051 八女市本町569-1
【駐車場】
なし
【問合せ】
八女観光協会
0943-22-6644

 この記事の内容は2020年4月現在のものです。詳細は施設のホームページなどから最新情報をご確認ください。
֘AL[[h
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事