「八女中央大茶園」新茶の季節到来!展望所から見る広大な茶畑の美しさに酔いしれる
八女中央大茶園

八女市の特産品のひとつ「八女茶」は、4月中旬から5月上旬に初茶摘みが行われ、1番茶は希少価値が高く重宝されています。

 

市内には大小さまざまな茶畑がありますが、その中で特に広大な茶畑が広がるのが「八女中央大茶園」。山林を開発して作られたゆるやかな傾斜に広がる約70ヘクタールの茶園は、見渡す限り、まるで緑のじゅうたんが敷かれているようです。

 

今回は、そんな八女中央大茶園を一望できる展望所に行って来ました。

スポンサーリンク

場所や駐車場など

「八女中央大茶園展望所」は、九州自動車道「八女インターチェンジ」から車で20分ほどの所にあります。

 

入り込んだ場所にあるためわかりにくいのですが、地図で見るとココ↓です。

途中途中にピンクや黄緑色のぼり旗、案内看板が出てきますので目印にしてください。

左側に「八女中央共同組合」と書かれた工場が見えてきたら、その先に八女中央大茶園の展望所が見えて来ます。

 

この写真↓の中央にある小高い丘が展望所です。

道なりに進んで行くと到着します。

 

整備はされてはいませんが20台ほど停めることができる駐車場があります。

茶畑を見守る五社神が鎮座

展望所には、雨乞いの神様「大玉命・武雷命・斉王命・天児屋根命・姫大神」の「五社神」が祀られています。

五社神

その向かい側に屋根付きの展望所があります。

スポンサーリンク

一面茶畑の風景

茶畑の美しさにただただ圧巻。晴れた日には有明海や島原半島、多良丘まで見渡せる絶好の撮影スポットです。

 

吹き抜ける風に乗ってお茶のいい香りも一緒に運ばれてきました。

美しい景観の動画も併せてご覧ください。

八女中央大茶園展望所

【住所】
〒834-0015 福岡県八女市本
【見頃】
4月下旬~5月中旬
【料金】
無料
【駐車場】
あり
 この情報は2021年5月現在のものです。詳細は店舗ホームページなどから最新情報をご確認ください。

八女中央大茶園製茶(八女市中央茶共同組合)

八女中央大茶園展望所から車で約8分ほどの所に「八女中央大茶園製茶(八女市中央茶共同組合)」があります。

こちらでは、昭和54年度(1979年)農林水産祭で天皇杯、各種茶品評会において数々の農林水産大臣賞を受賞したお茶などが販売されています。

 

展望所で一面の茶畑を鑑賞した後は、お茶を買って帰るのもいいですね。

【住所】
〒834-0015 八女市本375-2
【営業時間】
8:30~17:30
【定休日】
日曜日
【駐車場】
あり
 この情報は2021年5月現在のものです。詳細は店舗ホームページなどから最新情報をご確認ください。

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事