ぱんのいえ【久留米市三潴町】住宅街にひっそり佇む隠れ家的ぱん屋さん
メランジェ 300円

先日、水沼の里2000年記念の森に向かってる途中に偶然発見!!久留米市三潴町の住宅街にひっそり佇む『ぱんのいえ』に行ってみました。

 

場所は、みづま総合体育館の近くです。

点滅信号の所にある広松農園の看板が目印です。ぱんのいえの看板も出てるのですぐ分かるかと思います。

 

住宅の並びにあるお店敷地内に駐車場があり3~5台分は駐車(無料)できます。
入口には案内が書いてあります。

 

店に入るとこじんまりとしていますが、ナチュラル感ある可愛らしいお店です。

訪問したのは15時過ぎだったので、ぱんの数は少なくなっていました。

一個一個丁寧に包装されています。
ぱんのいえの特徴は、なんと!朝6時から営業されているところです!!(無くなり次第閉店)

 

人気のラウンド食ぱんは全粒粉100%配合で、湯種食ぱんなどの食ぱん類は、朝早く買わないとほとんどがなくなるそうです。

 

さらに、毎月限定のぱんが提案されていますので飽きがこないようになってます。

 

毎月の定休日は月曜日となっておりますが、詳しいぱんの内容や定休日は、ぱんのいえのFacebookがありますので、そちらをご覧下さい。

ぱんのいえ - ホーム
https://m.facebook.com/%E3%81%B1%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%88-882573041860727/

ぱんのいえでは昨年2019年の人気ランキングを発表されていましたのでご紹介します。

パンのいえ2019年人気ランキング
パン・オ・レザン
フランスの朝色の定番!!バルサミコにつけこんだレーズンとチョコチップがよくあってます。
モルトくるみ
穀物の生地にくるみをぜいたくに混ぜこんでます。上半期1位の商品。年間を通して安定した人気。
田舎フランス
シンプル、イズ、ベスト!!昔ながらの素朴なぱんは根強い人気。生地の味と香りが楽しめます。
ホルン
フランスぱん生地を角の型にして焼いてます。
もっち〜ニ 牛すじ黒カレーぱん
おまちとあんこが詰まった、もっち〜ニ。人気の黒カレーを使った焼きカレーぱん。
くるみとクランベリー
7月からの販売にかかわらず堂々のランクイン。生地にこだわるオーナーおすすめの商品。おもてなしにもGood!!
全粒粉100%のラウンド食ぱん
〝食べたらクセになる″嬉しいお言葉をいただく栄養豊富な商品です。

ぱんのいえのもう一つの特徴は栄養化が高い全粒粉を使ったぱんが多いことです。

~全粒粉(ぜんりゅうふん)とは~
香ばしく風味豊かで、歯応えのある食感が特徴。ビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、特に食物繊維、ビタミンB1、鉄分が多い。
小麦粉よりカロリーも低く、GI値が低い為血糖値の上昇もゆるやかです。
他にもさまざまな栄養素が含まれているので、全粒粉は栄養価に優れた食品です。

今回、購入したぱんの中にも全粒粉を使ったぱんがありました。

 

【メランジェ 300円】
栄養豊富な全粒粉を使った生地にクランベリー、チーズ、くるみ、レーズンを混ぜ込んで焼き上げてます。

メランジェ 300円

【あんバターフランス 150円】
バケットと同じ生地になります。有塩バターとあんこをサンドしました。(土・日・祝限定)

あんバターフランス 150円

【もっち~ニ 130円】
ビスケットクリームをかけた生地になります。おもちとあんこを包んで焼き上げてます。
スイーツ感覚で召し上がれます。

もっち〜ニ 130円

【くるみとクランベリー 300円】
長時間発酵させたフランスぱん生地に、くるみとクランベリーを混ぜ香り旨味を引き出すため、じっくり焼き上げてます。

くるみとクランベリー 300円

あんこ好きな子供は「美味しい美味しい」と言って、あんバターフランスを1人で食べ切ってました。私的には、2019年ランキング6位のくるみとクランベリーが美味しかったです。

 

ぱんのボリュームの割に値段もお手頃なのでおすすめしたいお店です。
早起きをかねて、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

お店の紹介

◇『ぱんのいえ』
【住所】
〒830-0112 久留米市三潴町玉満2619-5
【TEL】
0942-64-5347
【営業時間】
朝6:00〜17:00
※商品が完売した場合早めの閉店もあります。
【定休日】
毎週月曜日 「祝日となる場合翌日)
その他不定休あり
【駐車場】
あり
※すべての商品、予約や取り置きはできません。

 この記事の内容は2020年6月現在のものです。詳細は店舗ホームページなどから最新情報をご確認ください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事