2023年「柳川市10大ニュース」を発表!

筑後市や八女市、大牟田市や久留米市などなど筑後地方のニュースだってもりもり掲載している「筑後いこい」です。毎度ご覧いただいている方も初めての方もどうもありがとうございます。

 

さて今回は、柳川市が発表した「2023年柳川市10大ニュース」をご紹介したいと思います。

 

柳川市やその近郊にお住いの方は2023年を振り返ってみると、地元のニュースってどんなことを思い出しますか?

 

この1年間の出来事を思い浮かべながら、そして頭の中でBGMでも流しながら「2023年柳川市10大ニュース」をご覧ください。

 

それではさっそくどうぞ。

スポンサーリンク

NHK 大河ドラマ招致の熱意伝達

11 月に服部知事らと共にNHK本部で直接招致活動の熱意を伝達

市民文化会館利用者30万人突破

7月に山田洋次監督映画の先行上映が開催されるなど、文化芸術の中心拠点として稼働
スポンサーリンク

柳高にプロ仕様のテニスコート完成

国際基準を満たしたコートを整備。12月には国際大会を開催

大淵量さんが8段合格の快挙を報告

稽古を重ね狭き門を見事突破。市剣道連盟初の快挙

伝習館創立200周年三稜精神次の世代へ

文政7(1824)年創立。11月11日に200周年記念式典開催

有明のり昨季の凶作バネに順調なスタート見せる

12月9日の初入札は過去最高値を記録。大凶作となった昨季からの巻き返しに期待

ナスやイチゴなどの園芸作物 目標だった30億円を突破

台風などによる大きな被害がなく、過去最高となる31億円もの売上を記録

最初の再編小学校名が決定 「やまと小学校」令和7年度開校

市内25小中学校を9校へ再編する取り組み。再編する学校の中で最も早く大和町地区に開校する小学校の名前が「やまと小学校」に決定

大藤まつりなどの各種催し コロナ禍前の人出戻る

コロナで中止や縮小していた催しが、コロナ禍前の形で開催相次ぐ。4年ぶりとなった中山大藤まつりは、過去最高の22万人が来場。柳川ひまわり園にも平年を上回る6万8000人が来場するなど活気が戻った

大型遊具や子育て支援施設など好評 子育て支援の拡充進む

子育て中の市民を中心に設置の要望が多く上がっていた「大型遊具」。4月には、待望の大型複合遊具がむつごろうランドに完成。利用開始当日はにぎわいイベントが同時開催され、5000人もの家族連れが来場。市の新たなランドマークとして、週末は多くの子どもたちでにぎわいを見せている。また、令和4年に物産公園内に整備した子育て支援拠点施設「このゆびとまれ」は利用者が延べ2万人を突破。市が力を入れる子育てしやすい環境整備が着実に進む

 

いかがでしたでしょうか?

 

見てみると、そんな事もあったな~っていうものもあったのではないでしょうか。また、アレからもう1年も経つんだ~ってしみじみ思うことも。1年って早いですね~。

 

詳細はこちら↓よりどうぞ。

 

■関連リンク

 

★★★情報提供求ム★★★

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事