【筑後市】新型コロナの影響で保育園等の登園自粛、学童保育所の一時閉所など

筑後市は2020年4月8日(水)、緊急事態宣言の発令に加え、4月7日(火)に市内2例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されたことから、市内すべての保育所、認定こども園、幼稚園、小規模事業所を対象に登園自粛の要請を発表しました。

 

登園自粛の要請については以下のとおりです。

  • 【対象施設】
    市内すべての保育所、認定こども園、幼稚園、小規模事業所
  • 【開所方法】
    通常開所としますが、3に掲げる方は極力登園を自粛ください。
  • 【自粛をお願いしたいご家庭の例】
    ・求職活動中、育児休業中のご家庭(今回、特例的に認定期間を延ばす処置を行います。)
    ・自営業や農業等、自宅にて保育が可能なご家庭
    ・勤務先のテレワーク等により在宅勤務が可能なご家庭
  • 【要請期間】
    令和2年4月9日から5月6日までの間
  • 【利用者負担について(3歳未満児のみ)】
    登園自粛要請に基づき、要請期間に自粛いただいた場合、 4月8日までの利用者負担を日割計算し、後日要請期間分を返還します。 ただし、日割計算については、個別の対応が難しいため、 要請期間のすべてを自粛いただいた場合に限ります。
    ※要請期間内に1日でも利用された場合は、1月分の利用者負担を徴収します。 あらかじめご了承ください。

 

また、4月8日(水)以降の各小学校の児童預かりの中止に伴い、学童保育所については4月9日(木)~4月13日(月)まで閉所し、4月14日(火)以降については決定次第、お知らせするとしています。

 

さらに、5月6日(水)まで各地域における資源・不燃ごみ回収を中止することも発表し、資源・不燃ごみ回収再開まで、自宅での保管を呼び掛けています。

 

なお、燃やすごみ、廃プラスチックの収集は通常どおり行うということです。

 

非常事態宣言や新型コロナ2例目の感染者確認により、これまでより厳しい制限が行われていますが、一日でも早い終息に向けてみんなで乗り越えていきましょう!

 

スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事