刺身の盛り合わせ

「味処ひょうたん」。筑後市西牟田にひっそりと佇むこの店は、魚料理をメインに提供しており、その魚介類は店主が毎朝市場へ行って目利きして仕入れる。

 

さらに、新鮮な魚介は注文が入ってから調理するというこだわりは、まさに職人魂。

 

今回は、旬菜旬魚居酒屋「味処ひょうたん」の魅力に迫る。

スポンサーリンク

店の場所と外観

店はマミーズ西牟田店の西側にあるが、細い路地を入り込んだところにあるため少々わかりづらい。

 

地図で見るとココ↓

少し前に新調した店の前の看板が目印。

看板

駐車場は店の前にあり、10台くらいは停められる。

外観

店から歩いて行ける距離には、以前紹介したラーメン屋さんの「なかむら亭」があるので、〆にラーメンという選択肢もあり。

個室中心の店内

外観は、家のような造りで居酒屋か小料理屋に見えるが、扉を開けるとちょっとした料亭を思わせる雰囲気で、そのギャップにビックリする。

 

カウンター席はいかにも常連さんが座る場所という雰囲気を醸し出している。座敷席はすべて可動式となっているため、人数にあわせた個室になる。

店内

スポンサーリンク

魚料理中心のメニュー

魚料理を中心としたメニューは、刺身や煮付け、焼きや天ぷらなど豊富だ。
メニュー

また、阿蘇あか牛を使った肉料理や一品料理、ご飯物なども揃っている。

メニュー

飲み物は、ビールや日本酒、焼酎やカクテルをはじめ、

メニュー

メニュー

ワインも揃えられている。

メニュー

刺身はもちろん外せない一品だが、お好みか盛合わせにしてもらうか悩む。他にも何をチョイスすべきか.....。

料理と店主のこだわり

注文してからほどなくして運ばれてきたのは刺身の盛り合わせ。
刺身の盛り合わせ

天然マグロ(中トロ)、天然ヒラメ、天然アラ、しまあじ、ウニ、ほたて、車エビ、あじがキレイに並べられており、どれから手を付けるものか悩む。

 

ウニから食べると、甘みがすごく、臭みがまったくない。中トロは見た目のまま口の中に入れると体温で溶けていく。ヒラメ、アラ、しまあじはほどよい食感に甘みと旨みがすごい。どれをとっても最高だ。

 

さらに、注目すべき点は刺身のツマ、大根の千切りだ。

 

気づきにくい点だが、スライサーや機械で切っている店がほとんどのなか、こちらは手切りだ。

 

手で切ると、見た目も違うが、味もまったく違って美味しい。店の方に尋ねると「お店なので当たり前のことです」と笑顔で返答された。細かいところまで手を抜かない姿勢が素晴らしい。

 

続いてカキフライ。クセがなく旨みがすごい。
カキフライ

天ぷらはもちろん揚げたて。美味しくないわけがない。

天ぷら盛合わせ

阿蘇あか牛の牛カツは、さっぱりした赤身がいくらでも食べれそうだ。
牛カツ

おにぎりは米が美味しい。契約農家から仕入れる米をガス火で炊くスタイル。

おにぎり

決して安くはない店だが、それ相応の料理なので満足できる。

 

手頃な会席コースなどもあるので、様々なシーンに利用できるお店だ。

メニュー

味処ひょうたん

【住所】
〒833-0053 筑後市西牟田4322-1
【営業時間】
17:00~22:00
【定休日】
月曜日
【TEL】
0942-54-1680
【駐車場】
あり
 この記事の情報は2020年12月現在のものです。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

 

関連記事
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事