個人事業者最高100万円、中小事業者最高200万円 【持続化給付金】の申請始まる

新型コロナウイルスの影響により、売り上げが大きく減少している事業者に対して、個人で最高100万円、法人(中小企業)で最高200万円まで支給される「持続化給付金」の申請受付が本日5月1日(金)より始まりました。

 

持続化給付金は、今年1月から12月までのいずれかの月の売り上げが去年の同じ月より50%以上減少した事業者が対象となり、申請は専用ホームページから行うこととなります。

 

申請には2019年分の確定申告書の控え(収受日付印が必要)や売り上げ台帳など、月の売り上げの減少を示す書類の写し、振込先口座の通帳の写しなどを添付する必要がありますので、ホームページより詳細をご確認ください。

 

なお、経済産業省は申請から通常2週間程度で入金されるとしています。

 

観光業界や飲食業界などなど、非常に厳しい経営を余儀なくされている事業者の方々にはありがたい給付金です。
申請方法もシンプルですし、申請から入金まで短期間となっていますので、対象となる事業者は申請し、この厳しい状況を乗り越えていただきたいものです。

スポンサーリンク

持続化給付金事務局ホームページ

「持続化給付金」の詳細や申請については、こちら↓よりご確認ください。

持続化給付金事務局
  ホームページはこちら
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事