【久留米】小学校男性教師がスピード違反の呼び出しに10回も無視 忙しかったと釈明 

久留米市の小学校に勤務する20代の男性教師が、警察からのスピード違反の呼び出しを10回も無視し、同市教育委員会から処分されていたことが明らかとなりました。

 

男性教師は4年前、福岡県福津市の国道で制限速度を大きく上回り、速度違反取り締まり装置で検知され、警察から呼び出しを計10回受けましたが、いずれも応じなかったということです。

 

その後、学校に問い合わせがあったことで発覚し、ようやく出頭。男性教師は「忙しかった」などと釈明したということです。

スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事