大牟田市動物園のキリンの「リン」専用に保温サポーターを開発したらしいよ

医療用品メーカーのダイヤ工業(株)から生まれたアニマルケアブランド「anifull(アニフル)」が大牟田市動物園のキリンの「リン」専用に、2021年12月にオーダーメイドの保温サポーターを開発したようです。

 

大牟田市動物園のキリンのリンは、2005年9月30日生まれのオスで、2017年1月から毎年冬季に跛行(はこう ※1)が見られるようになり、大牟田市動物園ではその対策、原因の調査が行われましたた。

 

その結果、冬季のみ跛行が発生していたことから、肢が低温環境にさらされることが原因と考えられたため、2019年12月より肢の保温を目的として馬用のプロテクターの装着を開始。実験により馬用プロテクターの装着をすることで肢の保温が可能であることが明らかとなり、跛行対策として有効である可能性が考えられました。

 

その後、現在まで跛行はみられていないということですが、馬用プロテクターではサイズ等に課題があるため、オリジナルのサポーターの作成が計画されていたところ、アニマルケアブランドのanifull(アニフル)に繋がることとなり、今回の開発に至ったということです。

 

anifull(アニフル)では2014年より主に犬用のサポーターを開発されていましたが、犬以外の動物やいろんなサイズの犬に対応するために、オーダーメイドのサポーターも作成しており、今回、キリンの「リン」との出会いをきっかけに、全ての動物たちの困りごとを解決したいと考え、開発に挑戦したということです。

 

今の時期に大牟田市動物園に行って、「リン」を見たら、この保温サポーターを付けているんでしょうね。

 

いずれにしても、保温サポーターのおかげで歩行が正常になったことは「リン」の健康にとっても大変良かったことです。

※1 跛行(はこう)とは片足をひきずるようにして歩くこと

 

■関連リンク

 

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事