九州北部に線状降水帯発生のおそれ 8日夜~9日夜にかけて厳重警戒を!

台風6号の影響により九州の天気が大荒れになることが予想されています。

 

気象庁は2023年8月8日(火)午前11時半すぎ、九州北部で今夜からあす夜にかけて発達した雨雲が次々と連なる「線状降水帯」が発生するおそれがあると発表しました。

 

九州北部で線状降水帯が発生するおそれがあるのは、8日(火)夜から9日(水)夜にかけてです。

 

発達した積乱雲が連なることで大雨となり、災害の危険度が急激に高まるおそれがあります。気象情報や自治体からの情報に注意し早めの避難を心がけましょう!

 

■関連リンク

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事