大津屋で食べてきた激ウマ焼きめしとチャンポン、オムライスのご紹介

筑後市や八女市などの筑後地区を「幸福に空腹を満たす」をテーマに食べ歩いている『筑後いこい』です。毎度ご覧いただいている方も初めての方もどうもありがとうございます。

 

さて、今回食べてきたのは福岡県柳川市大和町にある.....

 

「大津屋」チャンポン(650円)焼きめし(600円)オムライス(800円)

(※価格はすべて2023年7月時点のもので税込です。)

 

創業50年を超える老舗「大津屋」は現在2代目で、先代が中華そば(ラーメン)屋さんとして始めたものの、お客さんからの要望に応えながら今では麺類や定食、丼物など約50種類のメニューに増えたんだとか。

 

昭和感たっぷりな店内は、テーブル席と小上がりの座敷席があり子供連れでも安心して訪れることができます。

 

ということで、今回は「大津屋」さんをご紹介したいと思います。

チャンポンと焼きめしとオムライス

それではまずはチャンポンからどうぞ↓

大津屋のチャンポン
白濁のスープと麺の上には、香ばしく炒められたキャベツ、もやし、にんじん、ちくわ、豚肉、かまぼこなどがのっています。

 

やや塩分高めのスープは味わい深くて美味しいし、
大津屋のチャンポン
ツルツル麺とシャキシャキ野菜とスープの絶妙なコンビネーションがたまりません。

大津屋のチャンポン
続いて焼きめし↓

大津屋の焼きめし
豚肉、卵、かまぼこ、にんじん、グリーンピースなどが入っています。

 

黄色、オレンジ、ピンク、緑、赤といったノスタルジックなカラーリングの味わいは....

大津屋の焼きめし
うんまっ!!

 

ご飯がひとつぶ一粒がしっかり立っているし、しっとり香ばしく炒められていて、昔懐かしい食堂の味を思いだたせてくれる一品です。

 

そして、ウスターソースをちょびっとかけると、これまた美味い!

 

この焼き飯は控えめに言って、サイコーです!!

 

あまりにも好みすぎで持ち帰りまでしちゃいました。

 

続いてオムライス↓

大津屋のオムライス
これまた懐かしさを感じさせてくれる見た目。

 

中身は普通のチキンライスじゃなくて、これなんだろ。

大津屋のオムライス
ソースも混じったような、そんなご飯と甘めの卵、そしてケチャップが、これまた美味しか~。

 

どの料理も美味しくてとっても満足だったな~。どうもごちそうさまでした。

メニュー

ラーメンやチャンポン、うどんなどの麺類や、野菜いためやホルモン、ぎょうざなどの一品料理、

大津屋のメニュー
生姜焼き定食や肉いため定食などの定食類、焼きめしやカレーなどのめし類、

大津屋のメニュー
親子丼やカツ丼など丼物、総勢約50種類のメニューがあります。

店内

昭和の匂いがプンプンする店内は、

大津屋の店内
テーブル席や小上がりの座敷席があります。
大津屋の店内
子ども連れでも安心して行けるお店です。

場所・外観

「大津屋」があるのは国道208号線の芝原交差点から西に入って「うなぎの原田」を通り過ぎてちょっと行ったところ。地図で見るとここ↓

お店の外観↓

大津屋の外観

駐車場は店の前と裏にもあります。

 

ちなみに裏の駐車場に停めると、裏口からお店に入れるようです(たぶん厨房を通ってお店に入るんだと思います)。こういう所も昭和だな~。古き良きです!

大津屋

住所
〒839-0254 福岡県柳川市大和町中島404
営業時間
11:00~21:00ごろ
定休日
水曜日
TEL
0944-76-0235
駐車場
あり
関連リンク
食べログ

※記事内の店舗情報や商品、価格等は2023年7月時点のものです。

 

■関連リンク

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事