「見上げてごらん夜の星を」ペルセウス座流星群が今夜ピークに

2020年8月12日(水)夜~13日(木)夜明け前にかけて、3大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」の活動がピークを迎え、見ごろとなります。

 

流星群の活動が最も活発となる「極大」は今夜10時頃と予想されており、空の暗い場所で見られる流星の数は最大で1時間あたり30個程度だということです。

 

ペルセウス座流星群の流れ星は、ペルセウス座のあたりにある放射点の付近を中心として四方八方に放射状に流れるように見えますが、放射点の方向だけに現れるのではなく、空全体に現れるため、なるべく空の広い範囲を見渡すようにしましょう。

 

レジャーシートなどを敷いて地面に寝転ぶと楽に観察できますよ。

 

なお、ウェザーニュースによると、福岡県内は見える「チャンスあり」と予想されています。

また、少しでも多くの人に流星を家から楽しんでもらえるよう、北海道・千葉県・宮崎県と中継をつなぎ「8月ペルセウス流星群特別番組」が放送されます。

詳細はこちらよりご覧ください。

 

午後5時現在、筑後地区は雲もありますが晴れ間が見えています。
このまま晴れて見えるといいですね!

スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事