【新型コロナ】大牟田市や柳川市、小郡市で感染者を確認 大牟田高校でクラスター発生

 

2020年8月12日(水)、大牟田市で1人と柳川市で2人、小郡市で2人の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

 

感染が確認されたのは、大牟田市の10代男子学生、柳川市の10代男子学生2人、小郡市の60代男性公務員と40代男性介護施設職員の5人だということです。

 

また、福岡県は本日新たに2人の感染が確認された大牟田市の大牟田高校でクラスターが発生したと発表しています。
同校ではこれまで6人の感染が確認されており、他にも接触のあった生徒など約150人にPCR検査を実施するということです。

 

なお、久留米市では3日連続で感染者は確認されていません。

 

連日、筑後地区で感染者が確認されています。
いま一度、感染防止対策を確認し、感染防止に努めましょう!!

スポンサーリンク

各自治体の公式ホームページ

この記事の詳細については、こちら↓よりご確認ください。

スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事