ポツンと一軒家で「うきは市」の山の真っただ中の一軒家が取り上げられるみたい。6月25日よる7時58分から放送

毎週日曜日のよる7時58分からテレビ朝日系列(福岡はKBC九州朝日放送 1ch)放送されているトークバラエティ番組「ポツンと一軒家」。2023年6月25日(日)の放送で「うきは市にある山の真っただ中の一軒家」が取り上げられるようです。

 

番組は『福岡県南部、大分県との県境からほど近い山の真っただ中でポツンと一軒家を発見!衛星写真で確認してみると三角形のような敷地で、果樹を育てているようにも見える。林は「低木で棚になっているので、周辺の名産である桃を採りやすくしているのでは?」と細かく衛星写真をチェックしていく。大分に祖父の家がある丹生は「大分の近くなので、名産のかぼすも育てているかもしれませんね!」と予想をふくらませていたが…。ダム湖沿いの崖道を抜けた先にある最寄りの集落へ向かった捜索隊は捜索をスタート。衛星写真を確認してもらうと、地元の人たちが集まってきてくれた。すると、「キウイを作っている人ですよ」という情報とともに、ポツンと一軒家のお知り合いの男性が近くにいるという情報も舞い込んできた!早速、その男性に声をかけると、衛星写真に写っている建物は作業小屋で、「住んではいないものの作業が忙しくなると寝泊まりをしているようですよ」という有力情報とともに、「険しい道ではないですよ」と、一軒家までの道のりも丁寧に教えてくれた。集落を後にした捜索隊は、道に迷いつつも日本棚田百選に選ばれた美しい「つづら棚田」の絶景を堪能しつつ、ポツンと一軒家を目指す。背の高い木々が並ぶ山道を越えた先にあったのは、段々畑のような敷地に広く低木用の棚が建てられた敷地だった。そこで出迎えてくれたのは70代の男性。話を聞くと、「週に5日はここに泊まっていて、家に帰るのは週に1日くらいです(笑)」とにこやかに話してくれた。実は、この土地は義父が自家菜園用に持っていた土地。かつてはこの広大な棚田では米作りもしていたのだとか。男性は15年ほど前にこの地を譲り受け、「米はよう作らんけど、キウイなら作れるんじゃないか」とキウイ栽培を初めたのだという。これまでは、福岡のブランドキウイ「甘うぃ」を栽培していたそうだが、手間暇がかかるため今年から新たな品種のキウイにチャレンジするという。捜索隊はキウイの世話をする様子に密着。するとそこには“後継者候補”の若き男性も来ていて…。』という内容で放送されます。

 

6月25日(日)よる7時58分よりテレビ朝日系列(福岡はKBC九州朝日放送 1ch)にて放送されますのでお見逃しなく!

スポンサーリンク

ポツンと一軒家

【放送日】
2023年6月25日(日)よる7時58分~
【出演者】
≪MC≫
所ジョージ
≪パネラー≫
林 修
≪ゲスト≫
ISSA(DA PUMP)、丹生明里(日向坂46)
≪ナレーション≫
緒方賢一、小山茉美
【内容】
福岡県の山奥にポツンと切り拓かれた三角形の敷地!?そこで栽培されていたキウイにまつわる人情ストーリー!
福岡県南部、大分県との県境からほど近い山の真っただ中でポツンと一軒家を発見!衛星写真で確認してみると三角形のような敷地で、果樹を育てているようにも見える。
林は「低木で棚になっているので、周辺の名産である桃を採りやすくしているのでは?」と細かく衛星写真をチェックしていく。大分に祖父の家がある丹生は「大分の近くなので、名産のかぼすも育てているかもしれませんね!」と予想をふくらませていたが…。
ダム湖沿いの崖道を抜けた先にある最寄りの集落へ向かった捜索隊は捜索をスタート。衛星写真を確認してもらうと、地元の人たちが集まってきてくれた。すると、「キウイを作っている人ですよ」という情報とともに、ポツンと一軒家のお知り合いの男性が近くにいるという情報も舞い込んできた!
早速、その男性に声をかけると、衛星写真に写っている建物は作業小屋で、「住んではいないものの作業が忙しくなると寝泊まりをしているようですよ」という有力情報とともに、「険しい道ではないですよ」と、一軒家までの道のりも丁寧に教えてくれた。集落を後にした捜索隊は、道に迷いつつも日本棚田百選に選ばれた美しい「つづら棚田」の絶景を堪能しつつ、ポツンと一軒家を目指す。
背の高い木々が並ぶ山道を越えた先にあったのは、段々畑のような敷地に広く低木用の棚が建てられた敷地だった。そこで出迎えてくれたのは70代の男性。話を聞くと、「週に5日はここに泊まっていて、家に帰るのは週に1日くらいです(笑)」とにこやかに話してくれた。実は、この土地は義父が自家菜園用に持っていた土地。かつてはこの広大な棚田では米作りもしていたのだとか。男性は15年ほど前にこの地を譲り受け、「米はよう作らんけど、キウイなら作れるんじゃないか」とキウイ栽培を初めたのだという。
これまでは、福岡のブランドキウイ「甘うぃ」を栽培していたそうだが、手間暇がかかるため今年から新たな品種のキウイにチャレンジするという。捜索隊はキウイの世話をする様子に密着。するとそこには“後継者候補”の若き男性も来ていて…。

 

■関連リンク

 

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ポツンと一軒家で「うきは市」の山の真っただ中の一軒家が取り上げられるみたい。6月25日よる7時58分から放送

毎週日曜日のよる7時58分からテレビ朝日系列(福岡はKBC九州朝日放送 1ch)放送されているトークバラエティ番組「ポツンと一軒家」。2023年6月25日(日)の放送で「うきは市にある山の真っただ中の一軒家」が取り上げられるようです。

 

番組は『福岡県南部、大分県との県境からほど近い山の真っただ中でポツンと一軒家を発見!衛星写真で確認してみると三角形のような敷地で、果樹を育てているようにも見える。林は「低木で棚になっているので、周辺の名産である桃を採りやすくしているのでは?」と細かく衛星写真をチェックしていく。大分に祖父の家がある丹生は「大分の近くなので、名産のかぼすも育てているかもしれませんね!」と予想をふくらませていたが…。ダム湖沿いの崖道を抜けた先にある最寄りの集落へ向かった捜索隊は捜索をスタート。衛星写真を確認してもらうと、地元の人たちが集まってきてくれた。すると、「キウイを作っている人ですよ」という情報とともに、ポツンと一軒家のお知り合いの男性が近くにいるという情報も舞い込んできた!早速、その男性に声をかけると、衛星写真に写っている建物は作業小屋で、「住んではいないものの作業が忙しくなると寝泊まりをしているようですよ」という有力情報とともに、「険しい道ではないですよ」と、一軒家までの道のりも丁寧に教えてくれた。集落を後にした捜索隊は、道に迷いつつも日本棚田百選に選ばれた美しい「つづら棚田」の絶景を堪能しつつ、ポツンと一軒家を目指す。背の高い木々が並ぶ山道を越えた先にあったのは、段々畑のような敷地に広く低木用の棚が建てられた敷地だった。そこで出迎えてくれたのは70代の男性。話を聞くと、「週に5日はここに泊まっていて、家に帰るのは週に1日くらいです(笑)」とにこやかに話してくれた。実は、この土地は義父が自家菜園用に持っていた土地。かつてはこの広大な棚田では米作りもしていたのだとか。男性は15年ほど前にこの地を譲り受け、「米はよう作らんけど、キウイなら作れるんじゃないか」とキウイ栽培を初めたのだという。これまでは、福岡のブランドキウイ「甘うぃ」を栽培していたそうだが、手間暇がかかるため今年から新たな品種のキウイにチャレンジするという。捜索隊はキウイの世話をする様子に密着。するとそこには“後継者候補”の若き男性も来ていて…。』という内容で放送されます。

 

6月25日(日)よる7時58分よりテレビ朝日系列(福岡はKBC九州朝日放送 1ch)にて放送されますのでお見逃しなく!

スポンサーリンク

ポツンと一軒家

【放送日】
2023年6月25日(日)よる7時58分~
【出演者】
≪MC≫
所ジョージ
≪パネラー≫
林 修
≪ゲスト≫
ISSA(DA PUMP)、丹生明里(日向坂46)
≪ナレーション≫
緒方賢一、小山茉美
【内容】
福岡県の山奥にポツンと切り拓かれた三角形の敷地!?そこで栽培されていたキウイにまつわる人情ストーリー!
福岡県南部、大分県との県境からほど近い山の真っただ中でポツンと一軒家を発見!衛星写真で確認してみると三角形のような敷地で、果樹を育てているようにも見える。
林は「低木で棚になっているので、周辺の名産である桃を採りやすくしているのでは?」と細かく衛星写真をチェックしていく。大分に祖父の家がある丹生は「大分の近くなので、名産のかぼすも育てているかもしれませんね!」と予想をふくらませていたが…。
ダム湖沿いの崖道を抜けた先にある最寄りの集落へ向かった捜索隊は捜索をスタート。衛星写真を確認してもらうと、地元の人たちが集まってきてくれた。すると、「キウイを作っている人ですよ」という情報とともに、ポツンと一軒家のお知り合いの男性が近くにいるという情報も舞い込んできた!
早速、その男性に声をかけると、衛星写真に写っている建物は作業小屋で、「住んではいないものの作業が忙しくなると寝泊まりをしているようですよ」という有力情報とともに、「険しい道ではないですよ」と、一軒家までの道のりも丁寧に教えてくれた。集落を後にした捜索隊は、道に迷いつつも日本棚田百選に選ばれた美しい「つづら棚田」の絶景を堪能しつつ、ポツンと一軒家を目指す。
背の高い木々が並ぶ山道を越えた先にあったのは、段々畑のような敷地に広く低木用の棚が建てられた敷地だった。そこで出迎えてくれたのは70代の男性。話を聞くと、「週に5日はここに泊まっていて、家に帰るのは週に1日くらいです(笑)」とにこやかに話してくれた。実は、この土地は義父が自家菜園用に持っていた土地。かつてはこの広大な棚田では米作りもしていたのだとか。男性は15年ほど前にこの地を譲り受け、「米はよう作らんけど、キウイなら作れるんじゃないか」とキウイ栽培を初めたのだという。
これまでは、福岡のブランドキウイ「甘うぃ」を栽培していたそうだが、手間暇がかかるため今年から新たな品種のキウイにチャレンジするという。捜索隊はキウイの世話をする様子に密着。するとそこには“後継者候補”の若き男性も来ていて…。

 

■関連リンク

 

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事