【1/9放送】久留米の印刷会社「丸信」の世界一のラベル!「ぐっ!ジョブ」

2021年1月9日(土)お昼2時30分からテレQ(7ch)で放送される「ぐっ!ジョブ」で、久留米市の印刷会社「丸信」が取り上げられます。

 

この番組で取り上げられるのは、独自の技術やサービスや斬新なアイデアで商機を模索する、はたらく喜びに満ちた九州の企業と挑戦者たちの取り組みです

 

今回の放送で、久留米市の印刷会社「丸信」が取り上げられる内容は、『世界的なラベルコンテストに日本酒用のラベルを出品。世界一の「Best of the Best」に輝いた。九州の会社が選ばれるのは初めての快挙だ。頂点に輝いたのは、「月」をイメージした「若竹屋酒造場」の純米吟醸ラベル。異なる印刷機の長所を生かし、月面の模様が1枚ずつ絶妙に異なるように印刷したという。その技術は、髪の毛1本の色味をも見極める「達人」、高速印刷でも不良品を見逃さない「達人」、そして卓越したデザインの「達人」、数多くの達人たちによって支えられていた。』となっています。

 

放送は1月9日(土)お昼2時30分からテレQ(7ch)ですのでお見逃しなく!

番組概要

  • 【タイトル】
    ぐっ!ジョブ
  • 【放送日時】
    2021年1月9日(土)お昼2時30分~
  • 【出演者】
    ・中島浩二
    ・土居祥平
    ・小野口奈々

番組内容

「世界一」だらけのFUKUOKA
頂上決戦を制した超絶技術にカメラが迫る

2021年最初の「ぐっ!ジョブ」は、“世界一だらけのFUKUOKA”と題し、名実ともに世界一に輝いた3つの“超絶技術”を特集する。コロナ禍を吹き飛ばす、福岡発のスゴ技とは?

福岡県大野城市のコーヒー店「豆香洞」のオーナー焙煎士・後藤直紀さんは、2013年、フランスの世界大会に出場し、コーヒー豆の焙煎技術で見事世界一に輝いた。焙煎の世界は奥が深く、1種類の豆を複数の味に仕立てるという。後藤さんは、医師さながらに聴診器を使い、豆が「爆ぜる」音で焙煎の具合を確かめるのだ。その評判とともに、後藤さんが焙煎する豆の量は右肩上がり!当初1カ月50キロだったが、世界一をきっかけに1トンに。さらには現在は1カ月で2㌧を焙煎する。世界一の技術でしっかり商売繁盛していた!

続いては、田川市や飯塚市で美容室を経営する井手口庄吾さん。ヘアカットの技術やデザインを競う世界大会「Best of the Best」のヘアカット・ヘアカラー部門で大会史上初の2連覇を果たした。その技術に魅了され、東京や広島から来るお客も大勢いる。 井手口さんいわく、「ヘアスタイルは理論に基づいて構築された造形」。英国仕込みの技術で、手入れがしやすく、長持ちする髪型を提供する。予約はなんと1カ月待ち。福岡筑豊から世界を見据える!

最後は久留米市の印刷会社「丸信」。世界的なラベルコンテストに日本酒用のラベルを出品。世界一の「Best of the Best」に輝いた。九州の会社が選ばれるのは初めての快挙だ。
頂点に輝いたのは、「月」をイメージした「若竹屋酒造場」の純米吟醸ラベル。異なる印刷機の長所を生かし、月面の模様が1枚ずつ絶妙に異なるように印刷したという。その技術は、髪の毛1本の色味をも見極める「達人」、高速印刷でも不良品を見逃さない「達人」、そして卓越したデザインの「達人」、数多くの達人たちによって支えられていた。

テレQ (TVQ)公式サイト

「ぐっ!ジョブ」の詳細は、こちら👇よりご確認ください。

 

関連記事
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事