おはぎ屋あや末【久留米市】素材本来の優しい甘さのおはぎは絶品!

本日は、久留米市津福今町にある「おはぎ屋あや末」に行って来ました!

 

こちらの店は、2015年頃まで筑後市長浜で営業されていましたが、突如閉店されてましたので気になっていました。

 

津福今町に移転されたのを知り、行ってきましたのでご紹介します。

場所は209号線バイパス沿い、久留米市津福今町679-9です。
詳しくは↓こちらをご確認下さい。

店舗の北側にはセブンイレブン久留米津福店があり、209号線バイパスを挟んで向かい側にはコスモス津福店があります。

 

駐車場は店舗前にあります。

店舗には看板がなく住宅と間違えやすいのですが、おはぎときなこの旗が出てる時は営業されている目印になります。
※建物が奥まった所にあるため、セブンイレブン側からは見えにくく、通り過ぎやすいのでご注意下さい。

店内はこじんまりとしていて、メニューはおはぎときな粉おはぎと黒糖ピーナッツの3種類しかありません!!

 

同店は人気店ですので昼過ぎには売り切れ続出です...
朝10時にオープンしますので、早目に行かれることをオススメします。

メニューのご紹介
  • おはぎ    2個入  280円
  • おはぎ    3個入  420円
  • きな粉おはぎ 2個入  300円
  • きな粉おはぎ 3個入  450円
  • 黒糖ピーナッツ(150g) 280円

おはぎ2種類の直球勝負が清々しいですね〜。

材料に使われている小豆は、北海道上川郡美瑛町で栽培された「しゅまり小豆」。

 

このしゅまり小豆は、北海道産小豆の中で生産が1割ほどしかなく、他の小豆にはない淡い紫色と上品な香りが特徴的です。

 

さらに、北海道産小豆の中でも最良品として評価が高く、北海道優良品種として認定されている希少価値の高い小豆なのです。

おはぎ2個入 280円

毎朝3時には起きて小豆を煮てあんこを作るそうで、鮮度にこだわりがあるため、あんこの作り置きはされません。

きな粉おはぎ2個入 300円

もちろん、余計なモノは入っておらず、材料は小豆ともち米と砂糖と塩のみ。

このシンプルで誤魔化しが効かない本物のおはぎは、食べてもらいたいオススメの1品です。

 

ぜひ皆さんもお試ししてみてはいかがでしょうか。

おはぎ屋 あや末

【住所】
〒830-0061 久留米市津福今町679-9
【TEL】
0942-35-1038
【営業時間】
10時~売り切れ次第閉店
【定休日】
火曜日
【駐車場】
店舗前にあり

 この記事の内容は2020年8月現在のものです。詳細は店舗ホームページなどから最新情報をご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事