筑後市の2つの千灯明祭が今年も中止に。子ども達が活躍する祭りなのに残念....

毎年8月25日に開催されている「水田天満宮千灯明祭(県指定文化財)」と、9月18日に開催予定だった「溝口竈門神社千灯明祭(市指定文化財)」が新型コロナ感染拡大防止のため、昨年に続いて今年も中止されることになりました。

 

「水田天満宮千灯明祭」は、700年以上続くお祭りで、帆立貝の殻になたね油を注ぎ、灯芯を入れた千個の灯明で、楼門や鳥居、日の出、帆かけ船を形作る真夏の夜の火祭り。子供たちが白いハチマキとさらしをまいて地域を練り歩く「裸ん行」や打ち上げ花火も行われる盛大な祭りです。

 

「溝口竈門神社千灯明祭」は、高さ約20mのやぐらに火が灯ると、南北朝時代にこの地区にあったといわれる溝口城を光の城として浮かび上がらせるノスタルジックで美しい祭りです。

来年こそは通常どおりに開催されることを祈るばかりです。

 

■関連リンク

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事