筑後市・八女市・広川町の小中学校 午前中授業を今月17日まで延長へ

筑後市・八女市・広川町は、市内小中学校の授業を緊急事態宣言にあわせて8月25日(水)から9月10日(金)まで午前中のみにし、給食後に下校させるとしていましたが、緊急事態宣言が延長されたことに伴い、いずれも9月17日(金)まで午前中授業を継続すると発表しました。

 

各自治体の発表内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

筑後市

緊急事態宣言期間に合わせて8月25日から9月10日までの間、午前中授業、給食実施の後下校としていましたが、本日、国が福岡県の緊急事態宣言期間の延長を決定しましたので、9月10日までとしていました在校時間の短縮措置を9月17日まで継続します。

1.実施内容(小・中学校共通)
  9月13日(月)~9月17日(金) 
  午前中授業、給食実施の後下校

2.学童保育所(小学校関係)
  9月13日(月)~9月17日(金)
  15時~学童保育所開所

八女市

・緊急事態宣言の延長に伴い9月13日(月曜日)から9月17日(金曜日)までを引き続き午前中授業、給食実施後下校とします。

・9月21日(火曜日)以降の対応については、感染状況等を考慮し改めて判断します。

スポンサーリンク

広川町

町内小中学校は、令和3年8月25日から令和3年9月10日までの期間、午前中のみの短縮授業としていましたが、9月17日まで延長します。授業終了後に給食をとり下校します。ご理解ご協力をお願いします。
※9月21日以降の対応については、決定次第広川町HPに掲載します。

 

 

■関連リンク

 

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事