ダ・シゲッティーノ

国道209号線を筑後から久留米方面へ進んでいくと、久留米市荒木町あたりの道路沿い右側に立つ奇妙な看板。そこには「ナポリピザの専門店」という文字が...。

 

今回訪問したのは、その奇妙な看板↓が気になっていたピザ屋さん「ダ・シゲッティーノ」です。

看板

こちらは、本場ナポリのピザ職人協会から外国人で初めてその技術が認められたピザ職人永松さんの店。提供される本場ナポリピザは、軽い食感の生地が特徴で、何枚でも食べられると評判です。

 

どんなピザが食べれるのか凄く楽しみです!

スポンサーリンク

店の場所など

店がある場所を地図で見るとココ↓

外観はプレハブ的な感じ。

ダ・シゲッティーノ

駐車場は敷地内にあります。

薪窯がある店内

窓から光が差し込む明るい店内は、テーブル席が多く15人ほど入れます。

ダ・シゲッティーノ

イタリアでの修行時代のものでしょうか?写真が多く飾られています。
ダ・シゲッティーノ

そしてある言葉が。

「シゲ、食べた後、胃にもたれるのは食べ物でない。軽い生地を作り続けなさい」by アドルフォ・マリエッタ

本場ナポリのピッツァ職人協会において、外国人として初めて認められたピザ職人が胸に刻んでいる師匠の言葉です。

 

『薪窯はもちろん、小麦粉、チーズ、トマトソース等の食材も全てイタリアから取り寄せ、皆様を笑顔にしたい一心でピザを焼いています。師匠直伝の生地を、お楽しみ下さい。』とお店のメニューに書かれていました。

スポンサーリンク

メニュー

それではメニューのご紹介。※ドリンク・その他写真は除く

ダ・シゲッティーノ

ダ・シゲッティーノ

【Pizza  ピッツァ 】
()内の値段はピッツェッタ(スモールピッツァ)の値段です。
・マルゲリータ 900円(700円)
(トマトソース・モッツァレラ・パルメザン・バジル)
・サルシッチャ・ブロッコリー 1,300円(1,000円)
(モッツァレラ・パルメザン・自家製ソーセージ・ブロッコリー)
・ロマーナ 950円(800円)
(トマトソース・モッツァレラ・パルメザン・アンチョビ・オレガノ)
・ディアボラ 1,100円(900円)
(トマトソース・モッツァレラ・パルメザン・辛口サラミ)
・カルツォーネ  1,200円
(トマトソース・モッツァレラ・リコッタ・パルメザン・サラミ・バジル)
・カルツォーネ・ミチコーノ 1,200円
(モッツァレラ・リコッタ・パルメザン・ルッコラ・生クリーム)
・パンナ 《職人おすすめの1枚》  1,200円(900円)
(生クリーム・モッツァレラ・パルメザン・ハム・きのこ)
・プロシュット・ルッコラ 1,400円(1,000円)
(モッツァレラ・パルメザン・生ハム・ルッコラ)
・シチリアーナ 850円(600円)
(トマトソース・アンチョビ・ケッパー・オリーブ・オレガノ)
・クアトロフォルマッジ  1,300円(1,000円)
(モッツァレラ・タレッジョ・ゴルゴンゾーラ・パルメザン)
・ミサキーノ 《和を感じる日本人好みの1枚》 950円(800円)
(モッツァレラ・パルメザン・玉ねぎ・岩海苔)
・ピッツェッタ3種盛合わせ  2,000円
(お好きなスモールピッツァを3種類お選びください。)
【前菜 】
・生ハム・サラミの盛合わせ 1,000円
・カジキマグロ生ハム 600円
・トリッパ(モツのトマト煮) 800円
・カジキマグロのトマト煮 700円
・ミネストローネ(野菜スープ) 500円
・自家製ピクルス 300円
・カポナータ(野菜トマト煮)300円
・キノコのマリネ 300円
・菜の花ナポリ仕立て 300円
【 野菜 】
・グリーンサラダ 600円
・温野菜 600円
【ナポリ名物料理】
・ムール貝の黒胡椒蒸し 900円
・溺れダコ 800円
【薪窯料理】
・若鶏の軟骨(ナポリのスパイス仕立て) 600円
・ラザニア 900円
・Tボーンステーキ(約260g) 2,300円
・若鶏の半身 1,580円
・牛肉のタリアータ(イタリアンステーキ約190g) 1,980円
・素焼きピッツァ 800円
【デザート・コーヒー】
・バニラアイス 300円
・ブレンドコーヒー 300円
・アイスコーヒー 300円
【コース】
・ディナーコース(2名様より) 2,000円
(サラダ・ミネストローネ・前菜盛り合わせ・ムール貝の黒胡椒蒸し・ピザ・コーヒー)
・宴会プラン(4名様より・要予約) 2,500円
(サラダ・ミニ前菜・生ハム盛合せ・若鶏の軟骨薪窯焼き・ムール貝の黒胡椒蒸し・ピザ・肉料理)

「まずラザニアを1つと」と注文すると「ありません」との返答。では、「カルツォーネを1つ」と言うと「生地を取り寄せててできません」と...。それでは「ミサキーノをお願いします」と言うと「岩海苔がないのでできません」....。

 

『何ができるんじゃーーーーー!!!』と思わず心の声が出そうになりました。

 

コロナ禍でメニューを絞っているそうで、マルゲリータとパンナの2つと、本日のおすすめメニューの中からヒメジのアクアパッツァ(1,000円)を注文しました。

ダ・シゲッティーノ

イタリアから取り寄せた薪窯で

待っている間、イタリア直伝の本場ナポリピッツァを作るところを撮影させていただきました。

 

柔らかい生地をコネて成形し、ソースやトッピングをし、イタリアから取り寄せたという薪窯に投入する一連の動作は「ピザ職人」そのものです。

ダ・シゲッティーノ

動画もありますで併せてご覧ください。

https://youtu.be/EVgLeL289AM

本場ナポリ料理登場

ほどなくしてヒメジのアクアパッツァが到着↓

ダ・シゲッティーノ

ひと口食べると、「ん?魚介の生臭さが...」ムール貝からなのか分かりませんが。

 

続いて、本場ナポリピッツァの登場です。まずはマルゲリータ(900円)

ダ・シゲッティーノ

トマトソース・モッツァレラ・パルメザン・バジルを使った定番ピザです。

ダ・シゲッティーノ

ひと口食べるとサックサクの食感で、ついつい食べすぎちゃう旨さです!

 

生地が軽いので一切れを3口ほどで食べてしまいます。フレッシュなトマトソースもさほど酸味がなく食べやすかったです。

 

次は、職人おすすめの1枚であるパンナ(1,200円)。

ダ・シゲッティーノ

生地の上には、生クリーム・モッツァレラ・パルメザン・ハム・きのこがのっています。

ダ・シゲッティーノ

マヨネーズではなく、生クリームを使っているのでクリーミーな味わい。子供はこれ好き!と言ってパクパク食べていました。

 

辛党の私には物足りなかったので、タバスコの代わりになるオリーブオイルに唐辛子が入ったものをかけました。

ダ・シゲッティーノ

マルゲリータ同様に、パンナも胃がもたれないであろう軽い生地でした。

 

ごちそうさまでした。

最後に

「ダ・シゲッティーノ」では、大事な税金で支給される協力金を、少しでも有効に使用したいと思いから「ひとり親家庭」の方へ胃にもたれないナポリピッツァを2021年3月末日まで無償提供されています。

 

ピザの無償提供で日頃からお世話になっている生産者や業者への発注にも繋がるということです。

 

本当に素晴らしい行いですね!

 

詳しい内容は、ダ・シゲッティーノのFacebookページでご確認下さい。

ダ・シゲッティーノ

【住所】
〒830-0063 久留米市荒木町荒木1966-7
【営業時間】
12:00~14:00(L.O)
18:00~21:00(L.O)
※緊急事態宣言中は20:00まで
【定休日】
不定休
【TEL】
0942-26-1113
【駐車場】
あり

 この記事の情報は2021年3月現在のものです。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

 

関連記事
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事