今週末の筑後市や八女市、大牟田市や柳川市などのイベント情報をまとめて公開!(11月25日、26日)

筑後市や八女市、久留米市や大牟田市などなど筑後地方のイベント記事だってもりもり掲載している「筑後いこい」です。毎度ご覧いただいている方も初めての方もどうもありがとうございます。

 

さて、平日を中心に筑後地方で週末に開催されるイベントやマルシェなどを「イベント」記事として、基本的に毎週平日掲載していますが、そんな「イベント」記事を週末ごとに『まとめ記事』としてやっていこうかなっていう発想になっちゃってからの、この記事です。

 

この時期はとってもイベント多いですし、せっかくなのでより多くの皆さんに知っていただいて楽しんでもらいたいと思います!

 

ということで今回は2023年11月25日(土)、26日(日)に開催されるイベント(筑後いこいが把握する範囲)を一挙に公開しちゃいます。

 

それではさっそくどうぞ↓

スポンサーリンク

2023ヤンマー建機感謝祭(11/25)

福岡県筑後市熊野にあるヤンマー建機(株)本社工場で「2023ヤンマー建機感謝祭」が5年ぶりに開催されます。

 

ヤンマー建機(株)の公式ホームページによると、2023年11月25日(土)に開催される『2023ヤンマー建機感謝祭』では、いつもは入ることのできない九州最大級の建設機械工場の見学や、建設機械の商品展示・体験コーナー、建設機械の細かな動作を間近で見れる建機実演ショーをはじめ、地域の中学生や高校生によるステージイベント、無料の出店や大抽選会など、子供から大人まで楽しめるイベント盛りだくさんのようです。

 

さらに、ショールームの見学も出来るし、先着順でヤンマーオリジナルキャップがもらえるんだとか。

 

続きはこちら↓

 

筑後七国 卑弥呼の火祭り2023(11/25)

福岡県筑後市津島にある筑後広域公園 筑紫石人像前広場で「第15回 筑後七国 卑弥呼の火祭り」が開催されます。

 

九州芸文館の公式ホームページによると、2023年11月25日(土)に開催される「第14回 筑後七国 卑弥呼の火祭り」では、筑後市やみやま市、大川市や柳川市の伝統あるお祭りが集まるほか、太鼓やダンスなども行われるようです。

 

さらに、飲食ブースも多数出店するんだとか。

 

続きはこちら↓

 

スポンサーリンク

ジャパンラグビーリーグワン新シーズン12月9日開幕!よしもと芸人が全力応援!ラグビーキックオフツアー!(11/25)

大牟田市美岬町にあるイオンモール大牟田で12月9日(土)より開幕する「NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24」に向けて『ジャパンラグビーリーグワン新シーズン12月9日開幕!よしもと芸人が全力応援!ラグビーキックオフツアー!』が開催されます。

 

イオンモール大牟田の公式ホームページによると、2023年11月25日(土)に開催される「第4回パンマルシェ in イオンモール大牟田ジャパンラグビーリーグワン新シーズン12月9日開幕! よしもと芸人が全力応援!ラグビーキックオフツアー!」では、ジャパンラグビーリーグワン開幕を盛り上げるべく、よしもと芸人が、 がっちりスクラムを組み、リーグワン開幕直前の熱気とラグビーの魅力を〝笑い〟と共に伝えます!

 

続きはこちら↓

 

白木の秋の収穫祭~竹あかりともみじ祭~(11/25)

福岡県八女市立花町にある旧白木小学校で『白木の秋の収穫祭~竹あかりともみじ祭~』が開催されます。

 

八女市公式ホームページによると、2023年11月25日(土)に開催される「白木の秋の収穫祭~竹あかりともみじ祭~」では、ライブやダンス、太鼓などのステージイベントをはじめ、地元農産物の販売などが行われ、祭りの後には花火の打ち上げも実施されます。

 

さらに、秋の白木を紅葉も楽しめるんだとか。

 

続きはこちら↓

 

城島郷 酒街道をゆく2023(11/25)

福岡県久留米市城島町・大善寺町・三潴町の参加蔵元などを巡り、お酒を楽しむことができるイベント「第11回 城島郷 酒街道をゆく」が開催されます。

 

公式ホームページによると、2023年11月18日(土)と25日(土)の2日開催される「第11回 城島郷 酒街道をゆく」は、蔵元と話をしながらゆっくり城島のお酒を楽しめるイベントで、蔵元にて飲みくらべおちょこ(1,000円)を購入すると、参加蔵元の日本酒を最大10杯までお得に召し上がることができます。

 

また、イベント日は西鉄大善寺駅と蔵元、協賛店などを巡回する無料シャトルバスが運行されるので、お好みのペースで蔵元巡り楽しめます。

 

続きはこちら↓

 

道の駅おおむた開駅23周年「駅祭ting 誕生祭」(11/25、26)

福岡県大牟田市四箇新町にある道の駅おおむた花ぷらす館で開駅23周年『駅祭ting 誕生祭』が開催されます。

 

道の駅おおむたの公式ホームページによると、2023年11月23日(木・祝)~26日(日)の4日間開催される「駅祭ting 誕生祭」では、ステージイベントやちびっこ遊園地、物販などが行われるほか、23日には阿蘇を中心に活動するインストルメンタルユニット「VIENT」のコンサートや、25日・26日は先着100杯限定の豚汁ふるまい炊出しなども催されるようです。

 

続きはこちら↓

 

まるごとみやま市民まつり2023(11/25、26)

福岡県みやま市瀬高町下庄のみやま市総合市民センターMIYAMAXで『第2回まるごとみやま市民まつり』が開催されます。

 

みやま市公式ホームページによると、2023年11月25日(土)、26日(日)の2日間開催される「第2回まるごとみやま市民まつり」では、26日の総合司会に西田たかのりさんと鬼橋美智子さん、27日の総合司会に坂口卓司さんと冨永倫子さんを招いて、お笑いコンビサンシャインによる爆笑ステージや、バーモント秀樹によるものまねエンターテインメントSHOWなどの色んなステージイベントをはじめ、はたらく車の大集合とゆかいなお仕事体験、屋内ステージイベント、みやま市の美味しい秋の味覚が大集合するなど、様々な催しが行われるようです。

 

さらに、山川みかん狩りバスツアー(有料)も両日行われるんだとか。

 

続きはこちら↓

 

第4回道の駅たちばなマルシェ&新上五島物産展(11/25、26)

福岡県八女市立花町にある道の駅たちばなで「第4回道の駅たちばなマルシェ」「新上五島物産展」が開催されます。

 

道の駅たちばなの公式ホームページによると、「第4回道の駅たちばなマルシェ」では、様々なグルメやスイーツをはじめ、ハンドメイド品物などなど多くのお店が出店するようです。

 

さらに、同時開催の「新上五島物産展」では五島のうまかもんがいっぱいやって来るんだとか。

 

続きはこちら↓

 

太原のイチョウ(11/25、26)

毎年11月中旬から下旬にかけて黄金に輝き、多くの人を魅了する「太原のイチョウ」の観覧が今年も始まります。

 

元々は夫婦2人で営むぶどう畑だった場所を、奥さんが亡くなったことをきっかけに畑の一部をイチョウに植え替えられた太原のイチョウ。夫婦2人で紅葉狩りに行くのが楽しみだったという奥さんを想い、ご主人が丹精込めて育てたイチョウは毎年黄金色に色づき見物客を喜ばせています。

 

広川町観光協会の公式ホームページによると「太原のイチョウ」の今年の観覧については2023年11月15日(水)~26日(日)までの12日間行われるようです。

 

続きはこちら↓

 

石橋文化センターもみじまつり2023(11/25、26)

福岡県久留米市諏訪野町にある石橋文化センターで『石橋文化センターもみじまつり2023』が開催されます。

 

石橋文化センターの公式ホームページによると、2023年11月21日(火)~12月3日(日)の期間開催される「石橋文化センターもみじまつり2023」では、イチョウやカエデ、ケヤキなどの木々が色づき、日本庭園をはじめとする園内各所で紅葉を楽しむことができます。

 

また期間中は、もみじコンサートやマルシェ、スタンプラリーなど様々な催しも行われるんだとか。

 

続きはこちら↓

 

光の航路(11/25、26)

福岡県大牟田市新港町で、三池港の航路先端から閘門を抜けて三池港展望所まで、ほぼ一直線となる「光の航路」を期間限定で見ることができます。

 

大牟田観光協会の公式ホームページによると「光の航路」を見ることが出来るのは、年に2回、日没の方位が247度前後となる約10日間のみ。三池港の航路先端から閘門を抜け三池港展望所までほぼ一直線となる「光の航路」を見ることができるということです。

 

続きはこちら↓

 

mumu_marche vol.2 -share-(11/26)

福岡県八女市宮野にあるべんがら村で『mumu_marche vol.2 -share-』が開催されます。

 

公式Instagramによると、2023年11月26日(日)に開催される「mumu_marche vol.2 -share-」では、グルメや雑貨などなど総勢21店舗が出店するほか、大抽選会や堀川バス・西鉄バスによるちびっこバス乗車体験も実施予定されるようです。

 

なお、抽選会とバス乗車体験にはまちのコインアプリが必要なんだとか。

 

続きはこちら↓

 

柳坂ハゼ祭り(11/18、19)

福岡県久留米市山本町の柳坂曽根の櫨並木周辺で「柳坂ハゼ祭り」が開催されます。

 

ほとめきの街くるめ公式ホームページによると、2023年11月18日(土)から26日(日)の9日間開催される「柳坂ハゼ祭り」では、約250年前に久留米藩が灯明用の蝋の原料として植樹した約260本の「伊吉ハゼ」を1.2㎞にわたって観覧することが出来ます。

 

老木のハゼは高さ5~6メートル、幹周り2メートル程あるものもあり、約1.2㎞続く並木道は、県の天然記念物に指定され、新・日本街路樹100景にも選ばれています。

 

また、ハゼ並木をすぎ、けしけし山の登山道に入ってすぐのところにある日本三大薬師のひとつと言われている「永勝寺のもみじ」も見事なんだとか。

 

続きはこちら↓

 

Nigiwai vol.3(11/26)

福岡県柳川市三橋町にある三柱神社で「Nigiwai vol.3が開催されます。

 

公式Instagramによりますと、2023年11月26日(日)に開催される「Nigiwai vol.3」は、約1年半ぶりで3回目となるイベントで、今回は出店数も増え、さらにパワーアップしており、こだわりのお店がずらりと参道を彩るようです。

 

続きはこちら↓

 

白風揺れる ゆめ祭り(11/26)

福岡県柳川市三橋町にあるゆめモール柳川内の特設会場で「白風揺れる ゆめ祭りが開催されます。

 

公式Instagramによりますと、2023年11月26日(日)に開催される「白風揺れる ゆめ祭り」では、地元柳川の飲食店やハンドメイドワークショップの出店や、地元ダンスチームやアーティストなどによるステージイベントも催されるようです。

 

続きはこちら↓

 

九州芸文館開館10周年記念展「岡本太郎の写真-日本を見つめる眼」(11/11、12)

福岡県筑後市津島にある九州芸文館で開館10周年記念展「岡本太郎の写真-日本を見つめる眼」が開催されます。

 

九州芸文館の公式ホームページによると、2023年10月28日(土)~12月3日(日)まで開催される「岡本太郎の写真-日本を見つめる眼」は、九州芸文館の開館10 周年を記念して行われる展覧会で、「太陽の塔」、「明日の神話」などの作品や、「芸術は爆発だ!」といった言葉が広く世間に周知され、20世紀を代表する芸術家であった岡本太郎(1911―1996)が自らの足で日本を歩き撮影した写真作品の他、絵画や彫刻作品が紹介され、芸術家・岡本太郎の眼差しを知るとともに、創作の源流にあった思想や哲学について読み解きます。

 

また、岡本氏が撮影した写真の中には祭りの様子を捉えたものが数多く存在することから、関連展示として、筑後地域に伝承される祭りの写真や映像、資料等も紹介されます。

 

続きはこちら↓

 

はい。とういうことで筑後いこいがご紹介した今週末(2023年11月25日(土)、26日(日))のイベント情報をまとめてみました。

 

お出かけなどの参考にしていただければと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました~。

 

■関連リンク

 

★★★情報提供求ム★★★

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事