久留米市で歩行者を200メートル引きずる 広川町の19歳男を逮捕

3月15日(日)午後11時30分頃、久留米市藤山町の路上で63歳の男性が車にはねられ死亡した事故で、男性(63)を車ではね、そのまま200メートル引きずって死亡させたとして、ひき逃げなどの疑いで、19歳の会社員が逮捕されました。

 

逮捕されたのは八女郡広川町に住む19歳の会社員の男です。

 

男は3月15日夜、久留米市藤山町の県道で歩行中の男性(63)をはね、そのまま男性を約200メートル引きずり、死亡させるなどした疑いが持たれています。

 

引きずられていた男性は、後続の軽乗用車にもはねられ死亡しました。

 

調べに対し少年は「逃げたつもりはない」などと容疑を一部を否認しているということです。

スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事