ソフトバンクホークス新監督に小久保裕紀氏が就任 2軍監督から昇格

福岡ソフトバンクホークスは2023年10月21日、現2軍監督の小久保裕紀氏が来季の1軍監督に就任することを発表しました。

 

和歌山県出身の小久保氏は青山学院大学から1994年に当時の福岡ダイエーホークスにドラフト2位で入団。プロ19年間で通算413本のホームラン、2041安打をマークするなど、右の強打者として球団の黄金期を支えました。

 

2012年の現役引退後は、侍ジャパンの監督を経て、2021年に1軍のヘッドコーチとしてホークスに復帰。昨シーズンからは2軍監督を務め、今シーズンは、ファーム日本選手権で日本一となりました。

 

就任会見は23日(月)10時より行われる予定です。

 

タマスタ筑後で小久保監督を見ることが出来なくなるのは残念ですが、福岡ソフトバンクホークスのV奪還へ向けてがんばっていただきたいものです。

 

福岡ソフトバンクホークスの公式発表はこちら↓よりご覧ください。

https://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/202300432955.html

 

■関連リンク

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事