【被害者の虚偽と判明】大川市で工事作業員の男性が刃物で切り付けられる 犯人は凶器を所持したまま逃走か

7月20日(火)午前7時ごろ、大川市大野島付近の路上で、24歳の工事作業員の男性が、見知らぬ男から刃物で切りつけられ軽傷を負いました。

 

警察によりますと、男は年齢30代くらい、身長180cm程度の痩せ形、灰色の長袖シャツと黒色の長ズボン、黒色のキャップ帽子、黒色のマスクを着用し、徒歩で逃走しており、現在も凶器を所持している可能性があるということです。

 

また、大川市教育委員会は、市立の小中学校全10校で生徒の登校を見合わせています。

 

警察が犯人の行方を追っていますが、近くの方は身の安全を第一に行動しましょう。

 

【追記】
筑後警察署は7月29日(木)、この事件は被害者の虚偽と判明したと発表しました。

 

■事件発生場所

 

■関連リンク

 

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事