【6月6日放送】八女市黒木町 ゆれる紫!藤の花の咲く町で「新 窓をあけて九州」

2021年6月6日(日)午前10時よりRKB毎日放送(4ch)で放送される「新 窓をあけて九州」に、八女市黒木町の「黒木の大藤」が登場します。

 

番組は『美しい紫色の花が棚一面に広がる「黒木の大藤」。福岡県八女市黒木町の大藤まつりには、例年20万人の人が訪れていた。その名所の名を、昨年さらに有名にしたのが、咲いている花を摘み取り、切り落としている映像だった。花目当てに人々が集まりすぎたため、新型コロナの感染拡大を恐れて、泣く泣く摘み落としたのだ。その花を集めていたのが、堤裕一郎さん(32)。しょう油屋の4代目だが、食品加工の技術をいかし、藤の花のシロップ漬けを作った。その名は、「藤まつり」。見に来られなかった人々に、少しでも祭りの雰囲気を感じてもらえればとの想いからだった。また、堤さんは空き家が増えるのを憂い、有効活用できるようにと仲間たちとNPOを立ち上げ、管理・貸し出しを行っている。人が集まる、活気ある町になればと他にも様々な活動を行っている。今年の大藤まつりは、どうなるのか。藤の花は、無事人々を楽しませることができるのか。宮総代代表の後藤和幸さん(84)にも寄り添い、美しく揺れる藤の花の結末までを取材する。』という内容で放送されます。

 

放送は6月6日(日)午前10時00分よりRKB毎日放送(4ch)ですのでお見逃しなく!

スポンサーリンク

番組概要

  • 【タイトル】
    新 窓をあけて九州
  • 【放送日時】
    2021年6月6日(日)午前10時~

番組内容

美しい紫色の花が棚一面に広がる「黒木の大藤」。福岡県八女市黒木町の大藤まつりには、例年20万人の人が訪れていた。その名所の名を、昨年さらに有名にしたのが、咲いている花を摘み取り、切り落としている映像だった。花目当てに人々が集まりすぎたため、新型コロナの感染拡大を恐れて、泣く泣く摘み落としたのだ。その花を集めていたのが、堤裕一郎さん(32)。しょう油屋の4代目だが、食品加工の技術をいかし、藤の花のシロップ漬けを作った。その名は、「藤まつり」。見に来られなかった人々に、少しでも祭りの雰囲気を感じてもらえればとの想いからだった。

また、堤さんは空き家が増えるのを憂い、有効活用できるようにと仲間たちとNPOを立ち上げ、管理・貸し出しを行っている。人が集まる、活気ある町になればと他にも様々な活動を行っている。

今年の大藤まつりは、どうなるのか。藤の花は、無事人々を楽しませることができるのか。宮総代代表の後藤和幸さん(84)にも寄り添い、美しく揺れる藤の花の結末までを取材する。

スポンサーリンク

RKB毎日放送 公式ホームページ

「新 窓をあけて九州」の詳細は、こちら↓よりご確認ください。

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事