福岡県宿泊税ってこういう形になるんだ!ってわかる広告塔

さてさて、筑後市にこんな広告塔↓があったの知ってます?

ん~何となく見たことあるかな~って感じですが、ここは、試験場南口の交差点のところで、窓ヶ原公園の駐車場付近に立ってるんですね。

 

そう!今回は、この広告塔が新しくなりましたよーってお伝えしたいんです。

 

ちなみに、さっきのは筑後市側(東側)から大木町側(西側)を見たストリートビューで、「ようこそ絣の里へ」って書いてありましたが、反対側の大木町側(西側)から筑後市側(東側)を見ると「またのおこしをお待ちしております」って書いてあります。

ん?何だかおかしくないかい?

 

だってこれは筑後市の広告塔なのに、大木町方面から筑後市に来る人に「またのおこしをお待ちしております」って.....ミスだったのかな?

 

まぁ何はともあれ、今回、この広告看板がキレイになったので見てください!

 

こちら↓が大木町側(西側)から見た広告塔。

こちら↓が反対側の筑後市側(東側)から見た広告塔。

今回は、「織物の里」に加えて「恋のくに」もアピールされていますね。

 

そして、ふと広告塔の根元に視線を移すとこんな文字が↓

「この広告塔は、福岡県宿泊税を活用して改修いたしました」って書かれたテプラみたいなシールが貼られています。

 

「福岡県宿泊税」ってこんな風に使われるんですね~。へー。ふーん。

 

ご覧いただいている方で税金の使い方などに異論ある方は、どうぞこちら↓へその思いを吐き捨ててくださいませ。

 

 

 

以上。税金についてのお勉強でした~。おつかれさまでした~。

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事