筑後市で飲酒運転の男を現行犯逮捕 基準値の3倍超のアルコール

2021年10月28日(木)午前0時半ごろ、筑後市山ノ井で飲酒運転したとして自称会社役員の男(57)が現行犯逮捕されました。

 

警察によりますと、筑後市山ノ井の国道をふらつきながら走行する普通乗用車をパトロール中の警察が発見。停止させ、運転する男の呼気を調べたところ、基準値の3倍を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。

 

警察の調べに対し、男は容疑を認めているということです。

 

 

■関連リンク

 

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事