【甲子園速報】福岡代表の西短 あと一打出ずに2-0で惜敗 初戦突破できず

8月20日(金)、甲子園球場で行われた第103回全国高校野球選手権大会の第7日、第2試合(2回戦)は西日本短大附(八女市)が二松学舎大付(東東京)と対戦しましたが、2-0で惜敗しました。

 

試合は5回までお互い1点も譲らぬ緊迫した投手戦になり、6回表には西短が一死満塁のチャンスを作るもあと一本が出ず、逆に二松学舎大付が6回裏に2点を先制し、そのまま逃げ切りました。

 

西短のエース、大島柊投手は8回を投げて2失点に抑えたものの、打線が最後まで相手投手を攻略できず惜敗しました。

 

残念ですが、2年生も何人か出てたみたいなので、この経験を糧に来年に向けてがんばってもらいたいものです。

 

■関連リンク

 

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク
この記事もどうぞ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事