ほてい食堂のチャンメンと焼きめしのご紹介(久留米市)

筑後市や八女市、久留米市などの筑後地区を「幸福に空腹を満たす」をテーマに食べ歩いている『筑後いこい』です。毎度ご覧いただいている方も初めての方もどうもありがとうございます。

 

さて、今回食べてきたのは久留米諏訪野町にある.....

 

「ほてい食堂」チャンメン(650円)焼きめし(530円)

(※価格はすべて2023年4月時点のもので税込です。)

 

店内に入ると老舗感ただようこちらの店は、ご夫婦で切り盛りされており創業から43年間続けられています。奥様いわく「お店を始めたころは若かったけどね~」っておっしゃっていましたが、まだまだ若かですよ!

 

現在の営業は日曜・祝日・月曜日以外のお昼11時~13時までの2時間のみ。それでも地元の方を中心に次から次にお客さんがやってくる人気の食堂です。

 

ということで、今回は「ほてい食堂」さんをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チャンメンと焼きめし

それではさっそくチャンメンからどうぞ↓

ほてい食堂のチャンメン
チャンメンとは、チャンポンのスープと具にラーメンの麺で仕上げた一品。

 

チャンポンの麺がうどんバージョンの「ちゃんどん」はたまにありますが、ラーメンバージョンは初めてですね~。

 

ということでスープからどうぞ↓

ほてい食堂のチャンメン
キャベツ、玉ねぎ、もやし、キクラゲ、にんじん、イカ、豚肉、かまぼこが香ばしく炒められており、しっかりとコクのあるやや甘めのスープにそのエキスが混ざり合い、めちゃうま!

 

そしてこのラーメンの麺↓

ほてい食堂のチャンメン
これがチャンポンスープと絶妙に絡み合って想像以上に美味い!

 

正直言って、注文する時には絶対チャンポン麺が美味しいやろ!って思いつつも、ラーメン麺の方がネタになるな~って思ってチャンメンにしたんですが、ホントに美味しい!

 

これはチャンポン麺に匹敵するくらい合います!ぜひ一度お試しを。

 

続いて焼きめし↓

ほてい食堂の焼きめし
ネギ、玉ねぎ、豚肉、卵と一緒に香ばしく炒められており、ラードが使われているのかほどよくツヤがあります。
ほてい食堂の焼きめし
食べてみるとややしっとりしており、味は濃すぎずコショウが良いアクセント。食べ進めるにつれてクセになっちゃう味わいです。

 

ネットでほてい食堂の口コミを見てみるとすごく評判が良いのですが、それも納得の味でした。

 

絶対ほかのメニューも美味しいはず!

 

お昼2時間のみの営業なのでなかなか行く機会がないのですが、絶対また行きます!

 

とっても美味しくて満足しました。ごちそうさまでした。

メニューと店内

この時代にラーメンを450円、チャンポンを650円で出してくれるお店ってなかなかないですよ~。

ほてい食堂のメニュー
塩焼きそばやにらとじなんかも人気のようです。

 

店内はテーブル席と、

ほてい食堂の店内
カウンター席があります。
ほてい食堂の店内
卓上調味料はゴマ、紅しょうが、コショウなど↓
ほてい食堂の店内
以前テレビ放送されていたロンプク敦で紹介されているようです。

ほてい食堂の店内

スポンサーリンク

場所・外観

「ほてい食堂」があるのは、諏訪中学校の近くの路地。地図で見るとここ↓

外観↓

ほてい食堂の外観
駐車場は店の前にあります。

ほてい食堂

住所
〒830-0037 福岡県久留米市諏訪野町2378-44
営業時間
11:00~13:00
※材料がなくなり次第終了
定休日
日曜・祝日・月曜
関連リンク
食べログ
駐車場
あり

※記事内の店舗情報や商品、価格等は2023年4月時点のものです。

 

■関連リンク

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事