広川町の路上で頭から血を流して倒れた男子高校生 事件と事故の両面で捜査

2024年5月29日(水)未明、福岡県八女郡広川町の路上で頭から血を流して倒れている男子高校生(15)が発見されました。

 

29日(水)午前1時ごろ、広川町一條の県道を車で通りかかった目撃者から道端に男性が倒れているという内容の通報が警察にあり、警察官が現場に駆け付けたところ、近くに住む高校1年生の男子高校生(15)が頭から血を流した状態で倒れていたということです。

 

男子高校生は病院に運ばれ、体を強く打ったとみられる重傷を負っているものの命に別状はないということです。

 

警察は現場の状況などからひき逃げの疑いもあるとして、男子高校生の回復を待って話を聞くなど、事件と事故の両面で捜査しています。

 

■関連リンク

 

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事