2023年7月に行った筑後や八女、柳川や久留米のグルメ店

筑後市や八女市、久留米市や大牟田市などなど筑後地区のグルメ記事だってもりもり掲載している「筑後いこい」です。毎度ご覧いただいている方も初めての方もどうもありがとうございます。

 

ということで、筑後地区の色んなグルメ店を訪問して「グルメ」記事として、基本的に毎週土曜日に掲載していますが、そんな「グルメ」記事をひと月ごとに『まとめ記事』としてやっていこうかなっていう発想になっちゃってからの、この記事です。

 

ということで今回は2023年7月の1ヵ月分を一挙に公開しちゃいます。

 

それではさっそくどうぞ↓

スポンサーリンク

Ramen Toiro

さて、今回食べてきたのは久留米市六ツ門町にある.....

 

「Ramen Toiro(らーめん といろ)」とんこつDX(1,200円)しおつけ麺(1,000円)とんこつつけ麺(1,000円)

(※価格はすべて2023年6月時点のもので税込です。)

 

こちらの店は、非とんこつのラーメン店「麺家といろ」として2020年5月にオープンし、試行錯誤しながらこだわりのラーメンを提供され、多くのお客さんに親しまれていましたが、店主の体調不良等により今年2月末で一旦店を閉じらました。

 

その後、製麺レシピやスープ作りの見直し、こだわりの有明海産海苔や陶器の勉強などを重ねられ、店名を「Ramen Toiro」に改めて今年5月13日に再オープンされたばかりです。

 

元々、人気だったお店なので特にお昼ごろには多くのお客さんが並んでいることが多いようです。

 

ということで、今回は「Ramen Toiro」さんをご紹介したいと思います。

 

続きはこちら↓

 

すし一番

さて、今回食べてきたのは久留米市上津町にある.....

 

「すし一番」美味しいお寿司たち

(※価格はすべて2023年7月時点のもので税込です。)

 

こちらの店は鮮魚店直営の回転寿司屋さんで、市場から直接買い付けたネタを一つひとつ丁寧に手握りされており、お寿司だけではなく、刺身の盛合せや鉢盛りも楽しむことができます。

 

また、汁物や揚げ物をはじめとした一品料理なども種類豊富に取り揃られており、おひとり様から家族連れまで色んなシーンで利用することができるので、いつもお客さんがめっちゃ多い!

 

特に週末は並ぶ覚悟が必要です。

 

ということで、今回は「すし一番」さんをご紹介したいと思います。

 

続きはこちら↓

 

麺屋 八感

さて、今回食べてきたのは筑後市山ノ井にある.....

 

「麺屋 八感」濃厚男気らーめん(780円)八感らーめん(680円)唐揚げ・半チャーハンセット(450円)

(※価格はすべて2023年7月時点のもので税込です。)

 

2015年に創業したこちらの店は、すでに筑後でとっても人気を誇るらーめん屋さんになっており、特にお昼時はお客さんが多く、並んでいることもしょっちゅうあるようです。

 

メニューには、女性にはうれしいハーフラーメン(590円)や、お子様連れにやさしい「ちびっこラーメン(330円)」もあるので家族みんなで気軽に行けます。

 

ということで、今回は「麺屋 八感」さんをご紹介したいと思います。

 

続きはこちら↓

 

池田屋の「寿し盛合せファミリーセット」

さて、今回テイクアウトしてきたのは久留米市大善寺町のサザン・モール内にある.....

 

野菜と果物、鮮魚とお寿司の専門店「池田屋」寿司盛合せファミリーセット(2,700円)

(※価格はすべて2023年6月時点のもので税込です。)

 

毎朝市場で仕入れてくるネタの新鮮さ・大きさが自慢という「池田屋」の寿司。さて、その味わいや如何に.....

 

続きはこちら↓

 

ハンバーガー&ハンバーグ「HIDE」

さて、今回食べてきたのは八女市立花町にある.....

 

「ハンバーガー&ハンバーグ HIDE」鉄板焼きハンバーグ定食(ジャポネソース 880円)鉄板焼きハンバーグ定食(チーズ 980円)

(※価格はすべて2023年7月時点のもので税込です。)

 

八女市の有名な和風ステーキハンバーグ「秀屋」が手掛けるこちらの店は、2020年8月にオープンした道の駅たちばなのお食事処「招竹梅」の中にあり、種類豊富なハンバーガーや鉄板焼きハンバーグ、「JAF×じゃらん」道の駅ソフトクリーム総選挙で西日本第一位になった「塩八女茶ソフト」などのソフトクリームも楽しむことが出来ます。

 

祝日ということもあってか「招竹梅」は多くのお客さんで賑わってましたよ~。

 

ということで、今回はハンバーガー&ハンバーグ「HIDE」さんをご紹介したいと思います。

 

続きはこちら↓

 

大津屋

さて、今回食べてきたのは福岡県柳川市大和町にある.....

 

「大津屋」チャンポン(650円)焼きめし(600円)オムライス(800円)

(※価格はすべて2023年7月時点のもので税込です。)

 

創業50年を超える老舗「大津屋」は現在2代目で、先代が中華そば(ラーメン)屋さんとして始めたものの、お客さんからの要望に応えながら今では麺類や定食、丼物など約50種類のメニューに増えたんだとか。

 

昭和感たっぷりな店内は、テーブル席と小上がりの座敷席があり子供連れでも安心して訪れることができます。

 

ということで、今回は「大津屋」さんをご紹介したいと思います。

 

続きはこちら↓

 

 

はい。とういうことで2023年7月は6店のグルメ店をご紹介させていただいてました。

 

これからも基本的に毎週土曜日は「グルメ記事の日」ってことで楽しみにしていただければと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました~。

 

■関連リンク

 

★★★情報提供求ム★★★

 

関連記事
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事